2021/06/04 07:11
大都会の病院に勤めている友人の話 では、暑い夏の夜になると、
けんかをしてはけがをしてやって来る連中で、救急病棟は満員に
なるのだそうだ。
ところがこの連中はだれでも、けがをしたのは、
「ちょっとした事故で」と言い張るらしい。
そんなある晩、脚を骨折した男がかつぎ込まれてきた。
その男、説明していわく、あまり暑かったので窓をぜんぶ開けて浴槽に
冷たい水を張り、ざぶりとつかって涼んでいたところ、窓からタイプライターが
飛び込んできて、自分の脚にぶつかったのだという。
私の友人の看護婦は、なんとうまい話をでっち上げるものかしらとおかしく
思いながらも、カルテには本人が言うとおりに書き込んでおいた。
ところが夜がふけてから、警察官が一人の男を連れてやって来た。
盗品所持の疑いで逮捕しようとしたら抵抗し、その際男は負傷したのだという。
男は、あるアパートの非常階 段を駆けおりて逃げようとしたらしい。
「ただね、一つだけ困ってるのは、そいつが逃げるときタイプライターを
抱えていたはずなんだが、それがどこへ行っちまったのか、わから ないんだよ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる