2021/05/10 07:11
高校を卒業したばかりの私は、上品な老夫婦の家を掃除する仕事を見つけた。
輸入品の彫刻や石化製品のホコリを払ったり、ペットの世話をした。
ある日、床の上に象牙の化石が2つ転がっているのを見つけて驚いた。
私はすぐにそれを拾って、棚に戻したが翌週も同じことがあった。
その日の午後、私の雇い主が愛犬を連れて応接室に入ってきた。
周りを見渡し、本棚に目をやった。「ルーちゃん」と彼女は犬に尋ねた。
「いったいどうやって、あそこにあんたの骨を置いたの?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる