2021/05/05 07:11
ある警察官が、二人が死亡したひどい事故車に遭遇した。
彼が残骸を見ていると、茂みから小猿が出てきて、事故車の周りを飛び跳ねていた。
警察官は猿を見下ろして、「君が話せたらいいのに」と言った。
猿は警官を見上げて、首を上下に振った。
「私の言っていることがわかるのか」と警官が尋ねると、猿はまた首を振った。
「この事故を見たか?」
「はい」と猿は身振りで答えた。
「何が起こった?」
猿は手に缶を持って、口元で缶を回した。
「彼らは飲んでいたのか」
猿は再び上下にうなずいた。
「他には?」
猿は指をつまんで口元に持っていった。
「彼らはマリファナを吸っていたのか?」
猿は再び「はい」とうなずいて同意した。
「ちょっと待って、彼らは事故の前に酒を飲み、マリファナを吸っていたと言うのか?」
「はい」と猿は力強くうなずいた。
「その間、あんたは何をしていたのか?」
「運転していた」と身振り。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる