2021/04/24 07:11
休日のイオン、駐車する場所を探し駐車場内をぐるぐる回っていたときのこと。
入り口に一番近いところに差し掛かったところで、その近くに黒光りした高そうな
高級車が停まっていた。
車に無知な自分でも、ヤのつく自由業の方の乗るものだとわかる車。
それに乗ろうとしていたダンディなおじさんと目が合った。
おじさんはこちらに手招きしてきたやっべえヤのつく人に目を付けられてしまった。
売り飛ばされるかも…と心臓バクバク。ここが修羅場。
運転席の窓を開け「な、なにか…?」とビクビクしながら聞くと、
おじさんは満面の笑みで
「ねえちゃんここ停めな、今出るから」と、運転手のチンピラらしき兄ちゃんに
合図し高級車はすぐに発車した。
いいヤのつく人もいるもんだ、人は見た目じゃないなと少しヤのつく職業に
好感度アップしたが、その高級車の停まっていたところが身障者用スペースだったので
やっぱ人は見た目だと思い、高級車が完全に見えなくなってからまた駐車場を
ぐるぐる回る作業に戻った。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる