2021/02/26 07:11
小津安二郎は、独自のスタイルを守り、「晩春」「東京物語」「秋刀魚の味」などで
世界的な映画監督となりました。小津の作風は、日本の些細な家庭のできごとを
描いたにもかかわらず、普遍的なこととして世界に受け入れられ理解されたのす。
世界の映画関係者の選ぶ映画ベストテンでは「東京物語」が常に入っています。
ヴィム・ヴェンダーズ監督は次のように語っています。
「私が小津さんの作品を知ったのは、最近のことです。よく覚えていますが、72年の
ニューヨークでした。偶然『東京物語』上映中の映画館に行き当たりました。
雷にうたれた感じで、最初から最後まで、泣き通しでした。実は、私はそれまでに
ほとんど泣いたことがなく、まして映画を見て泣くなどあり得ないと思っていたのです」

小津は彼らしい言葉で信条を述べています。
「ぼくの生活条件として、なんでもないことは流行に従う。重大なことは道徳に従う。芸術のことは自分に従う」

「東京物語」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる