2009/10/06 07:12
トムは6人兄弟の末っ子でいつも兄姉たちに可愛がられて育った。
しかし彼は20才になったとき都会にでて仕事を始めた。
都会での生活は楽しかったがトムは優しい家族達、特に可愛がっていた猫を恋しがっていた。
ある日、一番上の兄からトムに手紙が届いた。
トムが可愛がっていた猫が屋根に登り、落ちて獣医の必死の看病にもかかわらず
死んだというのだ。
トムは兄に手紙を書いた。
「兄さんの手紙はショッキングで突然過ぎました。兄さんはまず4通手紙を書くべきでした。
最初の手紙で猫が屋根に登ったこと、2通めで落ちたこと、3通めで獣医の看病、
そして4通めで猫が死んだことです」
二週間後同じ兄から手紙が来た。

「昨日父さんが屋根に登った」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる