2009/09/23 07:15
山火事が発生したときに、ある雑誌社のカメラマンが、編集長に写真を撮ってくるように命ぜられた。
「飛行場に行くとヘリコプターを用意しておいたから、行ってそのまま乗るだけでよい。
あとは迫力のある良い写真を頼む」と言われた。
そこではりきったカメラマンは、空港へすっ飛んで行き、止まっていたヘリコプターに飛び乗り、
「すぐ出発」と告げた。すると、操縦士は自信なさそうに、オドオドと発進させた。
以下は二人の会話
カメラ「じゃあ,あの山火事の方へ行ってー」
操縦士「はい」・・・おどおどと
カメラ「それじゃ、右に旋回」
操縦士「はい。」・・・おどおどと。
カメラ「ダメだよ。もっと近づかないと」
操縦士「だって、恐いです。こんなはずじゃあなかった」
カメラ「何言っているんだい。きみ、いいかい。僕はカメラマンなんだよ。
迫力のある写真を撮らないといけないんだ」
操縦士「すると・・・、あなたはインストラクター(教官)じゃあないんですね?」

ふたり「・・・」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる