2019/01/27 07:11
弁護士が、真夜中の2時に知事の大邸宅に電話をかけた。
「私は知事と緊急で話がしたいのですが・・・」と、弁護士が叫んだ。
すったもんだの後に、知事の秘書は、彼を起こすことに同意した。
「それで、朝まで待てないほど重要なことって何かね?」知事は不機嫌だった。
弁護士は懇願した。
「ピアソン判事がたった今亡くなりました。私がその代わりを務めたいです」
知事は、

「ええと、私の方ははかまわないよ。葬儀場の方でOKだったら」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる