2018/09/17 07:11
60歳前半のカップルが静かでロマンティックな小さなレストランで
結婚40周年を祝っていた。
そこに美しい小さな妖精が突然あらわれて言った。
「お互い愛し合って素敵なカップルですね。ひとつづつ願いを叶えてあげましょう」
妻が言った。「世界中を夫と旅行したいわ」
妖精が杖を振るとジャーン、豪華客船クイーンメリーのキップが妻の手にあらわれた。
夫はしばらく考えた。
「旅行もいいけど、こんな機会は二度とない。キミに悪いんだけど、ボクは
ボクより30歳若い妻を持ちたい」

妻と妖精はとても失望したが、願望は願望である。妖精が杖を振るとジャーン、夫は93歳に
なった。

この話の教訓:恩知らずの男たちは妖精が女性であることを思い出しなさい。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる