2018/08/02 07:11
ある男が、お宅のオウムがいなくなったかどうか、という女性からの電話を受けた。
男は、実際にオウムがいなくなったが、なぜそれを知っているのか、と尋ねた。
電話の女性はオウムが彼女の家のバルコニーに止まり次のように繰り返したと言った。
「こちら5XXX.-1X34です。今電話に出られません。ピー音の後にメッセージを残してください」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる