2009/06/16 07:31
アメリカで初の超音速飛行に成功したころ、ソ連でもテスト飛行が繰り返されていた。
だがスピードが、音速を超えると、決まって両翼に亀裂がはいり、翼が取れる事故が多発し、
ソ連空軍の威信は低下した。軍では広く一般からアイディアを求めテストを繰り返したが、
やはりうまくいかなかった。
ところがある日一人の老人が軍の最高幹部をおとずれ、その件について話したいといってきた。
「私は、飛行の専門家ではありませんが、翼の亀裂がはいる部分にミシン目を入れてみてください。
たぶん、うまくいくと思います」
最高幹部は半信半疑ながらも、老人のいうようなテスト機をつくり、飛行させると、
なんと簡単に音速を超えることができた。最高幹部は老人を連れてこさせた。
「おまえは、どうやってこんな技術を習得したのだ?」
老人は答えた。

「私は、長年ここの基地のトイレの掃除をやっています。国産のトイレットペーパーを
切ろうとしても、ミシン目からは切れたことが一度もなかったものですから」

関連記事

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

https://elleander.blog.fc2.com/tb.php/678-5d6f117c

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる