2009/06/02 07:42
「いつのまに・・」~リーダーズダイジェスト誌より

・・・ところがそのうちに、彼の髪はそれほど長すぎたりはしないように思えてきました。
ラベンダー色の、しぼり染めのジーンズだって、特別わたしが気に入ったというわけでは
ありませんけれど、その反面そうしかめっつらをしなくてもすむようになったのは不思議でした。
休暇ともなると、スーパー・ハイウェーを運転するときには、彼も交代でハンドルを握る
ようになり、その運転技術や落着いた態度は両親ともある程度認めないわけには
いかなくなりました。このぶんならば、学校の勉強も、親がそばでやいやい言ったり
しなくても、白分だけでちゃんとスケジュールを調整してやっていけるんじゃないかしら、
と考えたりするようになりました。
ヒステリー声を出して、「いったい全体、あんたは将来どうするつもりなの?」と険悪な
顔つきをしてしかりつける代わりに、わたしは純粋な関心から彼に質問をしました。
「あなたは将来どうするつもりなの?」
すると思いがけなくも、ちゃんとした生涯の計画を彼は話してくれるのでした。
こういった変化はみんな徐々にやってきました。特別に大騒ぎして作り出したと
いうわけでもありません。徐々に自然に出てきたのです。キッチンにもたびたび出入り
するようになったので、あるときわたしは料理のコツをいくつか教えてやりました。
そしたらお返しに彼はギターのコードを教えてくれました。
ある日、4歳になる末っ子のジョニーが顔じゅう血だらけにして、泣きわめきながら
帰って来ました。そのとき、かの16歳がどんなに変わったかということをわたしは
はっきりと思い知らされたことでした。顔の血をふき取り、目のすぐそばに大きな
傷口を見つけると、わたしはもう少しで取乱してしまうところでした。実際のところ、
力強い手がわたしの腕を押え、落着いた声がわたしに呼びかけるということが
もしなかったならば、わたしは逆上してしまったことでしょう。その声はこう言っていました。
「傷も目の近くはたいして深くないよ。まず病院に連れて行こうよ」
病院というところは非常に清潔を重んじるところなのに、ジョニーは泥だらけでした。
「こんなふうじゃ、この子をどこにも連れて行けないわ」とわたしは狼狽しきって言いました。
「自分の子だって言わなけりゃいい。どこかでこの子を見つけて、助けてやったようなふりを
すればいいよ」とこのティーンエージャーの息子は助言してくれました。
それから、「もう泣くんじゃない、ジョン」と弟に言います。
ジョニーは声の調子を落として、泣きじゃくりはじめました。そこで病院に急行し、
結局10針縫ってもらうことになりました。
家への帰り道、ジョニーを膝に乗せ、わたしはかたわらで運転している息子を、
不思議なものを見る思いで見つめたことです。
「いったいどうして」とわたしはたずねました。「あんなに何年もわたしを怒らせてばかり
いたのに、いつのまにちゃんとした人問になったんでしょうね」
「どうしてだか知らないよ、ママ」と彼は車の前方に視線をくぎづけにしたまま言うのです。
「だけど不思議だね。ぼくもママのことをちょうど同じふうに考えていたところなんだ」


関連記事

4 Comments

  • ペカリ 

  • うん、いい話ですね。母親も成長していたってとこがいいです。
  • 2009/06/02 19:34 | URL 
  • 空飛ぶミケ猫 

  • とってもいいお話ですね。
    子どもはそうやっていつの間にか立派になっていくんですね。
    ……果たして大人はどうなのかなぁ。

    コメントありがとうございました。
    『「父親が子供にできるもっとも大切なことは子供の母親を愛することである」 』
    ……素敵な言葉ですね。

    お願いがあります。
    この至言、出典がわかりましたら教えてくださるとうれしいです。
  • 2009/06/02 21:09 | URL 
  • elleander 

  • 息子もいいですが、この分を書いた母親、尊敬しますね。
  • 2009/06/02 22:58 | URL 
  • elleander 

  • レイ・チェノウェス(Ray Chenoweth)の至言ですが、レイ・チェノウェスについては
    よく知りません。この至言、私も好きです。

    "One of the most important things a father can do for his children is to love their mother."
    - Ray Chenoweth
  • 2009/06/02 23:03 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

https://elleander.blog.fc2.com/tb.php/645-3e2f8cf9

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる