2016/02/08 07:11
ある夫婦の長年の夢は赤ちゃんを養子としてもらい受けることだった。
ある日、養子縁組センターから電話があった。
「とてもかわいらしいロシア人ベイビーがいます。どうしますか?」
夫婦はよろこんで赤ちゃんを受け入れることにした。
センターからの帰り道、夫婦は語学学校に立ち寄った。
ふたりが夜間のコースの入学書類に書きこんでいると、受付係がたずねた。
「なぜロシア語を習う気になったのですか?」
妻の方が誇らしげに答えた。

「私たちもうすぐロシア人の赤ちゃんがもらえるの。一年もしたら喋りだすでしょ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる