2015/03/13 07:11
私が法廷職員として働いていた時のことです。
ある裁判の陪審員の選抜のため裁判官は、
陪審員候補No.12の男性に尋ねました。
「裁判が公平でスムーズに進むことに関してあなたには何か問題がありますか?」
「あり得ます」と、彼は答えました。 「陪審員候補No.1は私の先妻です、
もし我々が同じ陪審にかかわることになったら何ひとつ合意できないと保証します」
両者とも陪審を外れることを許可されました。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる