2014/12/28 07:12
この曲は献呈を予定していたルビンシュタインに酷評され、急遽献呈者をビューローに変え、
ビューローの指揮でボストンで初演され、熱狂的に迎えられました。後にルビンシュタインは自分の
非を認め、好んでこの曲を指揮・演奏をしました。美しく、壮大で叙情的な主題をもったこの協奏曲は、
若きチャイコフスキーの名前を一挙に高めたのでした。最初の2分間が圧巻です。
私、中学時代はこれをアラームに毎朝起きていました。冒頭のピアノのパートは私にも弾けそうです。(笑)


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる