2014/10/26 07:11
私は幸せだ。恋人のメリーとつきあって一年になる。
そろそろ結婚を考えている。
両親はあらゆる方法で手助けしてくれるし、友人たちも祝福してくれる。
恋人のメリー? すばらしいの一語に尽きる。
ただボクにもちょっと悩みがある。メリーの親友のキャシーのことである。
キャシーは賢く、美人でセクシーで、しょっちゅうボクにちょっかいをかける
んで困るんだ。
ある日キャシーがボクに電話をかけてきて、家に来て結婚式の招待状の
リスト作るのを手伝って、と頼んだ。
ボクが行ってみるとキャシーはひとりきりで、ボクにこう囁いた。
「メリーと結婚する前にどうしてもあなたと寝たいの。一度でいいから私と寝て」
ボクはショックで言葉もなかった。
彼女はさらに、「ベッドルームに行くから、あなたにその気があったら来て」と
言いながら階段を上がって行った。
ボクはしばらく呆然としていたが、すぐ玄関に向かい、ドアを開けてクルマに向かった。
クルマのそばにはメリーが涙をいっぱいためて立っていた。
メリーはボクを抱きしめて言った。
「私、うれしいの。これはちょっとしたテストだったの。あなたは夫としてすばらしい人だわ」

教訓 コンドームはいつもクルマにおいておくこと。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる