2014/07/26 07:11
以前、友人の子供の世話をした時の話です。
まだ2歳にも満たない可愛いい子で、とってもなついてくれて、
その日は一緒に楽しく過ごしていました。
夕方になって少し肌寒くなってきたので、靴下を履かせようと思い、
「OOちゃん、靴下を履こうね」と靴下を2つ(一足)渡しました。
お母さんからOOちゃんは自分で靴下を履けると聞いていたので。
OOちゃんはうなづいて靴下を履き始め、ちょっと目を離している間に、
右足にはすでに靴下を履いていました。でも左足は裸足のまま...。
「OOちゃん、靴下を履けたんだね。えらい!えらい! じゃ、頑張って左足にも靴下履こうね」
OOちゃんはニッコリ笑顔。でも不思議な事にもう一つの靴下を持っていません。
「あれ、OOちゃん、もう一つの靴下はどうしたの?」
OOちゃんはにっこり笑っていて何も答えず...。(困ったなあ! 何処にいったんだろう!)
OOちゃんは上機嫌で遊んでいます。
(靴下!靴下!どこに行ったの???この部屋にあるはずなのに何処にもない)
遊んでいるOOちゃんの横で必死に探しまわりましたが、何処にも見つかりません。
突然消えてしまった靴下!
(本当に見つからない。どうしたんだろう! ああ、でも、もういいや、あきらめよう! 
別の靴下を履かせよう)
そこで別の靴下を用意しました。
今度は失くさないようにちゃんと見ていよう。と心に決め、
「OOちゃん、靴下、別のを履こうね。じゃ今履いている靴下を脱ごうか」
と言って右足に履いている靴下を脱がせました。
その時、
え~ ええ~ なんでそうなるの!!!
本当に 本当に 目がテンになりました。
な、なんと OOちゃんは靴下を右足に2枚重ねて履いていたのです。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる