2014/07/13 07:11
ダグ・スミスは彼の死の床ついていて、終わりが近いということを知ってた。
看護婦、妻、彼の娘と2人の息子がそばに付き添っていた。
彼は苦しい息をしながら話し始めた。
「息子、バーニー、お前はメイフェア・ハウスを引き継いでくれ」
「娘、シビル、東のアパートはお前が・・・」
「息子、ジェイミ、お前は市センターオフィスを・・・」
「サラ、親愛なる妻、川向うのアパートを引き継いで」
そう言い終えるとダグは息を引き取った。
看護婦は言った、
「スミスさん、ご主人は、立派な方だったのですね。たくさんの資産を残されて」
サラが答えて、
「資産? いいえ、夫の新聞配達ルートです」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる