2014/03/11 07:11
アメリカ人の姉妹がパリで2週間過ごした。
二人は、パリのアメリカ人がそうであるように、
どこに行っても、ウェイターや店の店員や一般の市民たちからは
いい扱いを受けなかった。
ある日、姉妹のひとりがショッピングに行った。
棚の服を見ていると、店員が彼女に近づいてきて、ぶっきらぼうに
何かお探しですか、とたずねた。彼女はこんな扱いに慣れてていたので、
ただ見てるだけだから、と棚の服を見続けた。
気がつくと、店員全員が彼女のことをじっと見ていた。
彼女は負けずに服を見ていたが、とうとう我慢ができなくてぷいとと店をでた。
店をでるときに、店の上にある看板に気がついた。

「ドライ・クリーニング店」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる