2013/09/21 07:11
ある日浮氷の上でホッキョクグマの子供が、魚をとっている父親に話しかけた。
「ボク、純粋のホッキョクグマなの?」
「そうだよ」
「ほんとにほんとに純粋のホッキョクグマなの?」
「そうだよ、キミのママもパパも・・・」
「でもパパ。ボクにはヒグマの血が入ってない?」
「入ってないとも!」
「ほんとにほんとに、ちょびっとでもヒグマの血が入ってない?」
「入ってないよ。キミは純粋のホッキョクグマさ」
「じゃあ、灰色グマの血は?」
「まさか! なんでそんなことばかり聞くの?」

「だって、ボク、寒くて寒くてしょうがないんだもん」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる