2013/08/26 07:11
ある息子が幼い弟たちの面倒をみてやる、と言ったので、彼の母親は外出した。
就寝時刻になったので、彼は遊んでいた子供たちを二階のベッドに追いやり、
フットボールを見るためにTVをつけた。
子供がひとり何度か階段をこっそりと下りてきたが、そのたび彼は二階に追いやった。
九時に、戸口のベルが鳴り、隣のブラウン夫人が訪ねてきて、息子が来ていないかと尋ねた。
若者はぶっきらぼうに「いいえ」と答えた。
ちょうどその時、子どもの頭が手すり子の上で見え、泣き声がした。

「ボク、ここにいるよ。おにいちゃんが家に帰らせてくれないんだ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる