2012/08/31 07:11
ある若い母親が、クリストファーという名前の息子と近所の娘ケイティーとの
友情について、こんな話をしてくれました。
二人は夏の間中、自転車乗りや泳いだりで、一緒に遊び、片時も離れなかったそうです。
やがて9月になり、幼稚園の始まる日を待ちました。
いよいよその日がやってきました。ケイティーはレースの飾りのついたかわいらしい
ドレスを着て、いそいそとクリストファーの家の玄関のベルを押しました。
少年は嬉々として飛んでいってドアを開けましたが、ケイティーの姿を一目みると、
どうしたことか大声で泣きながら自分の部屋に駆け込んでしまいました。
「いったいどうしたというの、クリストファー?」と母親が尋ねました。
「ケイティーが迎えにきたの」と彼はしゃくりあげました。

「だけど、だけど、あの子、女の子だったんだ!」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる