2012/06/25 07:11
ある晩男がおそく家へ帰る途中、さびしい道をドライブしていると、エンジンが
過熱しはじめた。
空き地をみつけ、そこに停車して、エンジンを冷やすことにした。
ほかにも5、6台の車が駐車しており、ふと気がつくと、そこは恋人たちのよく
利用する場所だった。
駐車して2、3分もたたないうちに警官の懐中電灯が男の車の内部を照らした。
男がひとりきりのことがわかると、警官は不機嫌な声で、

「思い出にでもふけっているのかね?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる