2012/01/09 07:11
ある婦人がペットショップへいき、大きくて奇麗なオウムをみつけた。
籠に50ドルの値がついていた。
「どうしてそんなにお安いんですの?」と婦人が店主に訊ねた。
「まあ、申しておいたほうがいいですが、この小鳥は売春窟で暮して
たんですよ。で、たまに下品なことを口ばしるんです」
婦人はちょっと考えたが、ともかくそのオウムを手に
入れねば、と思った。家にもってかえって寝室に籠を
吊り下げ、何か言うのを待った。
オウムは部屋を見渡し、そして婦人を見て言った、
「新しいおうち、新しいマダム」
婦人はその意味合いに少し驚いたが、「そう悪くないわ」
と思った。二人のティーンエジャーの娘が帰宅したのを
みてオウムが言った、
「新しいおうち、新しいマダム、新入りのお姉ちゃん」
母娘はちょっとムッとしたが、笑い飛ばした。しばらく
後、婦人の夫のキースが仕事から帰宅した。オウムが
彼をみて言った、

「あ~ら、お久しぶり、キースさん」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる