2011/11/20 07:12
自分の勇気が萎えたとき、心根が賤しくなったとき(しょっちゅうなんです)鞭打って
くれるのが、エルガー「威風堂々第1」ですね。前奏が終わって、雲間から日が射す
ように崇高で美しい旋律が流れてきます。この曲は後に、「希望と栄光の国」という
歌詞がつけられ、第2の英国国歌となってしまいました。
毎夏行われる英国音楽祭(プロムス)のラストで、この曲が数万人の人々に歌われて
圧巻です。




関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる