2011/10/23 07:11
ある男が最近、田舎へ引っ越した。
これまで彼は都会でしか暮らしたことがなかったので、本やバンフレットや
近所の親切な農夫のアドバイスなどを、非常に頼りにしていた。
ニワトリを初めて絞めるときが来たと判断した男は、獲物を追いつめ、
ニワトリの解体の方法を書いた本もろとも腕の中へ押えこんだ。
そして納屋の裏に立って、まだニワトリを腕の中に抱えたまま、
作業の手順を読みふけった。
読み終わって振り返ると、知合いの農夫が一部始終をながめていた。
しばらくの間、その老農夫は何も言わなかったが、やがてうっすらと笑って言った。

「そいつに生存権を主張することができるとかなんとか、
法律の条文を読んで聞かせとるんだね?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる