2011/10/17 07:11
あるとき、美しい娘を嫁がせようとする王がいた。
その王女と結婚したいという3人の候補者を前にして王は条件を出した。
世界を巡り、娘にもっともたくさんのピン・ポン(ping pong)のボール
を持ってきた者に、わが娘を与えるというものだった。

1年が過ぎ、最初の男がピン・ポンの入ったバッグが1マイルも続く
キャラバンで帰ってきた。
王は男に「おお沢山のボール! すばらしい」と誉めた。

2年後に2番目の男が3マイルのキャラバンにピン・ポンのボールを
積んで帰ってきた。
王は男に言った。「今のところ、お前が婿にもっともふさわしい」

王は3番目の男の帰りを首を長くして待った。
そして5年後やっと3番目の男が帰ってきた。
男は体じゅう傷だらけで、左肩は脱臼し、顔と胸はメチャクチャにつぶされ、
右足は膝から下が無かった。
男はたった2つのボーリング・バッグをもって、よろめきながら王の前に立った。
王は尋ねた。「このバッグの中にピン・ポンのボールが?」
かわいそうなこの男は信じられないといった顔で答えた。

「えっ、ピン・ポンですって? キング・コング(king kong)じゃなかったんですか」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる