2011/09/10 07:11
「白鳥」~『動物たちに愛はあるか』より
実際にコネチカット州であった話。
1962年の厳冬に、ある夫婦が窓辺から外を眺めていると、
一羽の白鳥が池の氷に閉じ込められ抜け出すことができなく
なっているのを発見した。
夫妻が救出に向かおうとする前に、50ないし60羽の一群の
マガモとクロガモが水辺の斜面の雑草から出てくるのがみえた。
鳥たちは白鳥のそばまで近づくと、めいめい体をもちあげては
ドスンと落とすという動作を始めた。これにより片側の氷が壊れ、
白鳥の半身が自由になった。次に鳥たちは反対側にまわって同じ
動作をつづけ、やがて白鳥は岸にたどり着くことができた。
この話の大部分は信じがたいものがあるが、少なくとも
その結末は真に迫っている。
すなわち、まことに白鳥らしいのだが、自由になった白鳥は
カモに立ち向かってゆき、追い払ってしまったというのである。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる