2011/07/26 07:11
男が家に帰りつくと、妻が泣いていた。
彼女が泣きながら言うには、

「けさ、ドラッグストアの主人が電話で私をひどく侮辱したの」

夫は直ちにドラッグストアにいき、店主に謝罪を要求した。
夫が喋ろうとする前に、店主が口を開いた。

「私の言い分もきいてください。けさ、アラームが鳴らないで遅く
起きてしまったんですよ。で、朝食もとらず、車のところにいくと、
気がついたんです。車のキーを中に入れたままロックしたことに・・・
それで、窓ガラスを割って中に入り、運転したんですが、スピードが
速すぎたんですね、違反キップを切られました。
その後、店の近くでタイヤがパンクし、店に着くころには、
開店を待つ客が行列していました。
店を開け、客に応対してる間もずっと、あの電話が鳴りっぱなしになりました」

店主は続けた。

「それから、つり銭用の硬貨を床にバラまいてしまい、四つん這いになって
拾っているときも、電話がまだ鳴っていました。立ち上がろうとしたとき、
レジで頭を打ち、よろめいてショーケースを揺らしてしまい、中の香水ビンを
落とし沢山割ってしまいました。
その間にも電話が鳴り止まず、とうとう私は電話に出たのです。
あなたの奥さんでした。
奥さんは直腸体温計の使い方を知りたいということでした。
・・・それで、信じてください。ご主人! 私は奥さんに教えたのです」


*このジョークは典型的な考えオチジョークです。
ドラッグストアの店主は、なんて答えたんだろう?
推理の果て、笑えたのは5分後でした(笑)。
たぶん店主は「asshole! ・・」って言ったのでしょう。
assholeは肛門のことですが、他人に言うときは最大級の侮蔑の言葉に
なります。「まぬけ」とか「くそったれ」とかという意味で、これを言ったら
相手に撃たれてもしょうがないくらいの言葉です(笑)。

前大統領のブッシュは、大統領選のさなか、嫌いな新聞記者にこの言葉を
浴びせて、窮地にたったことがありました。

この店主の長々としたヘタな言い訳が笑えますね(笑)。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる