2011/04/20 07:11
ある一家の話、

わが家の犬が十一匹も子犬を産んだので、私たちは困ってしまった。
六週間後、私たちは思い余って地元の新聞に次のような広告を出した。
「かわいがってくださる方に、ただで差し上げます。かわいい子犬十一匹」
だが、申し込んできた人はごくわずかで、二週間たってもまだ七匹も残っていた。
そこで私たちは戦術を変え、次のような広告を載せた。
「かわいがってくださる方に、ただで差し上げます――器量よしの子犬六匹と
醜い子犬一匹」
広告が新聞に出たとたんに、あちこちから電話がかかってきた。
「醜い」子犬がまだ残っていたら、ぜひ譲ってほしいという電話である。
こうして翌日の夜までに、私たちの「醜い」子犬は七匹ともよそにもらわれていった。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる