2011/02/10 07:11
社長は、朝、毎日のスタートとして秘書に一杯のコーヒーを持ってくる
ように指示していた。ところが秘書のいれるコーヒーは熱すぎたり、
ぬるすぎたり、カップの3分の2くらいしか入っていなかったりだった。
秘書は、ちょうどいい温度で持ってこようとして走るためにかなりこぼして
しまうと弁解した。社長は、今度うまく入れられなければクビだと脅した。
次の日秘書が持って来たコーヒーは温度もちょうどよく、カップには
なみなみのコーヒーが入っていて社長も秘書を誉めざるを得なかった。
秘書の同僚が訊いた。「どうやって、そんなにうまくコーヒーを入れられたの?」
秘書はにっこり笑って答えた。

「口にコーヒーを含んでおいて社長室の前でカップに足すの」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる