2010/09/13 07:11
マンハッタン教養学校の若い女性が、絶望して海に身を投げ自殺する決心をした。
彼女が岸壁に歩いていくと、ハンサムな船員が彼女の涙に目を止め言った。
「死ぬことはない。私は、あす朝ヨーロッパに立ちます。そして、よかったら、
私の船にあなたをこっそり連れ込むことができます。あなたの世話を十分し、
毎日食べ物をもってきましょう」
彼は彼女に腕をまわし、付け加えた。「あなたをきっと幸せにしてあげるから」
女性はうなずいた。彼女にはもう失うものは何もなかったのだ。
その夜、船員は彼女を船に乗せ、彼女を救命艇に隠した。それ以来夜になると、
彼はサンドイッチと果物をもってきて、夜明けまで情熱的な愛を交わした。
ところが3週間たって、船の定期点検で彼女は船長に発見されてしまった。
「ここで何をしてるんですか?」と船長は尋ねた。
「船員の一人が私をずっと助けてくれました」と彼女は説明した。
「彼は私をヨーロッパに連れて行こうとしていました。毎晩私のところにきて、
私と関係をもちました」
「そうでしたか、娘さん」と船長は言った。

「この船はニューヨーク湾内のスタテン島往復フェリーなんですが」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる