2010/06/02 07:11
フランスでは、離婚の訴訟の際に、「甚大な危害」をこうむった
という申し立てが好んで用いられるそうである。
「甚大な危害」の定義は広範で、実にさまざまな事態が含まれうる。
妻の推理小説のタイトルページに犯人の名前を書いたために訴訟を
起こされた男もいるし、また自分がフルートを練習するあいだ、
妻にハエタタキで拍子をとらせていた男も、同様に訴訟に持ち込ま
れているそうだ。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる