2010/04/29 07:11
「私が秘書をクビにした理由」 PTさん

一週間前、その日は、私の45歳の誕生日だった。
朝食に降りていき、妻の祝福とプレゼントを期待したが、妻は「おはよう」さえ
言ってくれなかった。
「でも、こどもたちは誕生日をおぼえていてくれるだろう」と思ったがこどもたちも
なにも言わなかった。オフィスに着くころには、私はすっかり落胆してしまった。
秘書室に入るとジャネットが、「おはようございます。誕生日おめでとう」と言って
くれて少しは気持ちが明るくなった。
正午頃、ジャネットがドアをノックし「外はとても気持ちのよい日で、それにあなたの
誕生日なのよ。外にランチを食べに行きませんか」と言った。
私は「いいね、行こう」と言った。
我々はちょっと田舎じみたところにランチに行った。
そこで飲み物を飲み、そして、ランチは、おいしく、大いに楽しんだ。
帰り道に彼女は言った。「こんな美しい日に、オフィスにもどらなくちゃいけないの?」
「いいや」と私は言った。
彼女は言った。
「よかった、私のアパートはここから近いの。いって、飲みなおしましょうよ」
我々は、彼女のアパートに行き、そしてまた飲み物を飲んだ。
「もしかまわなければ、私、ベッド・ルームにいって、くつろげるようにしてくるわ」
「ああ、いいよ」と私は言ったが、胸が高鳴り声が震えていた。
彼女は、ベッド・ルームにいって、5分後に大きなバースデー・ケーキをもって
部屋からでてき、さらに、その後から妻とこどもたちが「ハッピー・バースデー」を
歌いながら出て来た。
そして私はといえば、ソックス以外なにも身につけず、真っ裸で、そこに座っていたのだ。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる