2010/03/17 07:11
旅行者と若いガイドが田舎の道を歩いていた。
洞窟のそばにくるとガイドは洞窟に向かって「ポッポー」と叫び、
耳に手を当て何かを聞くような素振りをし、真っ裸になって洞窟に飛び込んで行った。
ガイドは15分後に戻ってきた。旅行者がこの奇妙な振る舞いについて問いただすと、
ガイドは答えた。「この村の若い男女の風習なんですよ。娘が暗い洞窟に入って待ち、
もし『ポッポー』という声が聞こえたら、『ポッポー』と返してその男と寝るんです。
相手の名前も顔もわからないで、誰もが幸せになれるんです」
「なんてロマンティックな習慣なんだ! 次の洞窟で私にもやらせてくれないか」
「ああ、いいですよ。おやんなさい」
次の洞窟のそばにくると旅行者は洞窟の入り口で「ポッポー」と叫んだ。するとなんと、
洞窟の中から「ポッポー」が返ってきた。旅行者は裸になって洞窟の中に飛び込んで行った。

翌朝の地元の新聞の見出し、
「不可解な事故 トンネルの中で全裸の旅行者、汽車にひかれる」
関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる