2010/02/10 07:11
列車に朝青竜とやくみつると若いグラマー美女と老女が乗り合わせた。
列車が暗いトンネルに入るやいなや頬を叩く大きな音がした。
列車がトンネルから出ると、朝青竜の頬に赤い手の形が残っていた。
誰も喋らなかった。

老女はこう考えた。
「朝青竜がトンネルの中で美女に手を出して叩かれたに違いないわ」

グラマー美女はこう考えた。
「朝青竜は私に手を出そうとして、間違えて老女に手を出して、老女に叩かれたんだわ」

朝青竜はこう考えた。
「やくみつるがトンネル内でグラマー美女に手を出し、美女が間違えてオレを叩いたんだ」

やくみつるはこう考えた。
「次のトンネルが待ちきれないよ。また朝青竜を叩いてやるんだ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる