2010/01/31 07:11
スーパーの生鮮食品部門で働いている青年がいた。
あるとき男がやってきてレタスを半分買いたい、と言った。
青年は半個売りはできないと言ったが、男は一個全部は必要ないと答えた。
青年はマネージャーにかけ合ってみると言い、奥のほうに行った。
「マネージャー、レタスを半分買いたいというマヌケがいるんですが・・・」と
言い終わらないうちに、その男が青年の真後ろに立っているのに気づいて言い足した。
「で、この方が残りの半分をお買いになりたいそうなんです」
マネージャーは承諾し、男はレタスを半分持って店を出た。
後になってマネージャーは青年を呼んで言った。
「さっきはもうすこしで大変なことになるところだったな。でも機転がきくので驚いたよ。
キミはどこの出身かね?」
「カナダです」
「ほんと? なぜカナダから出てきたの?」
「あそこには売春婦かホッケー選手しかいないんですよ」
「ほんとうに? 妻はカナダ出身なんだよ」
「ほんとですか! どこのチームでした?」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる