2010/01/28 07:11
昔アメリカ製のどっきりカメラがあっておもしろかった。
日本のものよりユーモアがあって好きだったですね。
レストランで仕掛け人が共謀者と組んで犠牲者の前に座る。
仕掛け人がいきなり犠牲者の頼んだコーヒーのなかに自分のパンを浸す。
「なぜ自分のコーヒーを頼まないのかね」
「医者にコーヒーを飲むことを禁じられてるんです。でも僕は浸したのが大好きなんです」
犠牲者は自分のコーヒーを仕掛け人の前に押しやり、新たにもう一杯注文した。
新しいコーヒーがきたとたんに、仕掛け人は手を伸ばしてその中に浸した。
「なぜさっきあげたコーヒーに浸さないんだね?」とその男は詰問した。
「冷めてしまったんですよ」と仕掛け人は不服そうに言った。
向かいの共謀者も「へ~、そうやってパンを食べると美味いんですか」とコーヒーに浸し、
「ちょっと甘さが足りないですね」と砂糖を足す。犠牲者はとうとう怒り出す。

「もし君らがもう1度浸したら、もうそういう真似が2度とできないようにしてやるぞ」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる