2010/01/22 07:11
実際にあった世にも不運な男の話。

ヴェノスアイレスに住むジョーンズさん(34歳)は、足の裏にマメができたので、

それを除去するための手術をしてもらおうと、市の病院の門をくぐった。

手術台に乗せられたジョーンズさんは、痛さが心配になって、医者に全身麻酔の

注射を頼んだ。

ところが、不運なことにジョーンズさんは、この注射で心臓マヒを起こした。

医者は胸を切開して心臓をマッサージし、あやうく一命を取りとめた。

ジョーンズさんは、それから酸素テントにいれられたが、そこで胃潰瘍と腹膜炎を

併発した。

この治療が終わると、こんどはなんとタンカから落ち、足と首の骨を折り、心臓を

またまた悪化させてしまった。

ジョーンズさんはいまノドを切開してチューブで呼吸し、胃には流動食を流し込む

管を通し、足と首にはギブスをはめて、辛うじて生きてはいるが、肝心のマメの手術は

まだすんでいない。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる