2009/12/28 07:11
ある春の日、私たちは家を改装することになりました。

ペンキ屋さんが朝はやくから、夜遅くまで働いてくれて2階の部屋、

手すりを全部きれいに塗ってくれました。

ところが帰宅した夫が、まだ乾いていない手すりに触れ、手の跡をつけてしまったのです。

あくる朝、私はペンキ屋さんに言いました。

「2階に来てくれない? 主人がゆうべ触ったところを見て欲しいの」

ペンキ屋さんは、困ったような顔をして、言いました。

「いいえ、結構です。この年になると一杯の紅茶の方がありがたいです」


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる