2023/01/23 07:11
ニューヨークの叔母は、フェリックスという名の美しい黒猫を飼っていた。
彼は昼間は外で過ごし、夜になると室内に戻ってきた。
10月のある涼しい夜、フェリックスがいなくなった。
近所を何日も探し回ったが見つけられなかった。
しかし、翌年の春、フェリックスは再び姿を現し、健康そうできれいだった。
叔母は、フェリックスが遊び歩いていたんだと思った。
その年の秋、フェリックスはまた姿を消したが、次の春になると、また姿を現した。
叔母は困惑し、近所の人に手がかりを求め始めた。
そしてついに、彼女は通りの先に住む老夫婦の家のベルを鳴らした。
「黒猫? ああ、はい!私たち夫婦は、この子が寒いところにいるのを見るのが嫌で、
猫用のキャリーを買って、毎年、冬になるとフロリダに連れて行ってたのです」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる