2009/12/20 07:11
「クリスマス・パーティー」

実際にあった話らしい。
去年のメルボルンでのクリスマス・パーティーで、その会社のスタッフは
彼らのボスをジョークでひっかけることにした。
いつもは、ボスがみんなに大真面目なジョークをかましていた。
ボスがトイレにいくと、スタッフは札入れを探って、宝くじを見つけた。
彼らは宝くじの番号を控え、ウェイトレスを呼んでいたずらを工作した。
30分後に、ウェイトレスが戻って来て、今夜発表された宝くじの当選番号を
知りたい人はいますかと訊いた。そして、先ほどの番号を声を出して
読み上げた。ボスは番号を見て、自分の札入れの宝くじ番号を見比べた。
彼は黙り込んで札入れをジャケットにいれ、そして息遣いもあらく、
ひどくショックを受けているようだった。しばらくして、また札入れを出し
番号を注意深くチェックした。それから、彼は飲み物をもって立ち上がり、
大声で叫んだ。
「いますぐ君たちに知らせたいことがある。私は数ヶ月ものあいだ秘書と
浮気をしている。私は君らが嫌いだし、この会社で働くのも嫌なんだ。
君たちは地獄に落ちろ!たったいま、宝くじに当たったんだ。いますぐ
会社をやめることにした」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる