2022/06/11 07:11
私は週末に人気のレストランでウエイトレスをしています。
昼食スペシャルを注文した時に、カップルがクルトンを多く入れてくれと頼みました
私はサラダの上にクルトンをたっぷりのせて持ってきました。
彼らのコーヒーを補充するためにテーブルに戻ってくると、彼らは、すべての
クルトンを横にとってありました。
私は彼らに、クルトンが多すぎたことを謝罪すると、彼らは、
「そんなことありません。うちのワンちゃんの大好物なんですよ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる