2022/12/19 07:11
男性が機械に巻き込まれて入院した友人を見舞いに、
男 性「あのう、病室は何号室ですか?」
ナース「105、106、107号室です」

2022/09/19 07:11
sex過剰だと認知症を引き起こすって記事を読んだ。
2019年11月14日の午前3時19分に読んだメディカルジャーナル誌の14ページに
載っていた。

2022/09/12 07:11
病院から出た男が玄関前で急に倒れた。病院の受付係が飛んで行ったが
男はすでに死んでいた。受付係は医者の所に行き、「どうすればいいか」と尋ねた。
医者はしばらく考えていたが、受付係に指示を与えた。
「死んでる男を動かして、病院に入る前に倒れたようにしなさい」

2022/09/10 07:11
1..医者は男に余命6か月だと言った。男は治療費が払えなかった。
すると医者はもう6か月の余命を宣告した。
2.小切手が返されてきた、と医者が患者に電話をした。
患者は、私だってリューマチが戻ってきた、といい返した。
3.医者「あんたは60まで生きられますよ」
 患者「私、今、60ですが」
 医者「言ったとおりでしょ」

2022/09/08 07:11
最近の栄養に関する記事によると、正しい食事は複雑である必要はないそうです。
栄養士によると、正しい食事をしているかどうかを見分ける簡単な方法があるそうです。
色です。お皿を明るい色で埋め尽くしましょう。緑、赤、黄色。
実際、今朝はそうしました。M&M'sをボウル一杯食べました。
おいしかった!正しい食生活がこんなに簡単だとは思いませんでした。
私は今、未来に希望を持っています。
m&m


2022/08/30 07:11
ある医者が、関節炎、リウマチ、痛風の違いを説明していた。
「指を万力で挟みます。指を万力に挟んで、腕に痛みが走るまで万力を回す。
それが関節炎です。もっと強く回す。痛みが広がっていくのがリューマチです。
さらに万力を12回回すとそれが痛風です」

2022/08/23 07:11
ある女性がクリニックに行き、若い医師に診てもらった。
約3分後、彼女は診察室から飛び出し泣き叫びながら廊下を走った。
年配の医師に呼び止められ、どうしたのかと聞かれたので、彼女は何があったのかを話した。
その医師は最初の医師のところに戻り、「どうしたんだ」と言った。[テリー夫人は59歳で、
4人の子供と7人の孫がいる。彼女に妊娠してると言ったんだって?」
若い医師はカルテから顔を上げることなく、尋ねた。
「彼女はまだしゃっくりをしていますか?」

2022/07/20 07:11
ある男性が海外旅行から帰国後、体調を崩した。
主治医の診察の後、さまざまな検査を受けた。
検査が終わり、病室で横たわっていると、ベッド脇の電話が鳴る。
「主治医です。検査の結果あなたは非常に危険なウイルスに感染していることがわかりました!」
「どうしよう!」男はパニックになって叫ぶ。「どうすればいいの!」
「そうですね、ピザ、パンケーキ、ケサディーヤを食べてもらいます」
「それで治るのですか?」と男は期待して聞いた。
医者は、
「いいえ、でもドアの下から入れられる唯一の食べ物です」

2022/07/13 07:11
ローズは夫のトムの年1回の健康診断に付き添った。
トムが服を着ていると、医師が出てきて、ローズに言った。
「診察しても異常ないですが、私はご主人の顔が気に入らない」
「私もそうですが、でも家の事をよくやってくれるものですから」

2022/06/14 07:11
地元の新聞に、男性の肥満とウイルスを結びつけた研究の記事が
いくつか掲載されていました。
ある晩、兄が長い一日の仕事から疲れて帰ってきました。
「新聞読んだ?」と聞くと、
「うん、明日は仕事に行かないよ。太ってきたから休むと連絡する」

2022/04/13 07:11
ドクター「お渡した咳止めの薬をちゃんと飲んでいますか?」
患者「いいえ、味見したら、まだ咳の方がましだと思って」

2022/01/19 07:11
診察が終わると、医師はにっこりと微笑んだ。
「ミセス・ハーベイ、いい知らせがありますよ」
「先生、私はミセスではありません、ミス・ハーベイです」
「ミス・ハーベイ、悪い知らせが......」

2021/11/10 07:11
ノートン氏が手術を受けて入院していたとき、当直の看護師が
一人の男性から電話を受け、ノートン氏の様子を尋ねられた。
「ああ、かなりいいですよ。朝には退院されると思います」
「そうなんですか、ありがとうございます」
「ノートンさんにお伝えしたいので、どなたからの電話かお聞きしても
よろしいでしょうか?」と看護師は尋ねた。
「私、ノートンです。医者は何も教えてくれないので」

2021/09/08 07:11
ある男性が精神科医のところに行き、自分が犬になったのではないかと
悩みを打ち明けた。
「四つん這いで歩き回っています。夜中に吠え続けるし、街灯の前では
おしっこをしたくなるんです」
「では」と 精神科医は言った「ソファに横になってください」
「あっ、ソファに横になることは禁じられているんです」

2021/09/03 07:11
私は歩数計がいかれたのかと思った。
歩数計は私がいかれたと思って訊いてきた。
「もしもし、あんた死んでない?」

2021/08/09 07:11
妊婦が病院に着いたが、分娩室までもたず病院の芝生の上で
赤ちゃんを産んでしまった。
後日、父親が受け取った請求書には「分娩室使用料:500ドル」と記載されていた。
彼は病院に、赤ちゃんは玄関の芝生で生まれたと手紙を書いた。
1週間後、訂正された請求書が届いた。
「芝生使用料:200ドル」

2021/08/03 07:11
二人の老婦人が互いにどちらも負けずに、自分の病気や薬の自慢をし合っていた。
とうとう一人の婦人が勝ち誇ったようにこう言った。
「私がいま飲んでいる錠剤は、副作用しかないというお薬なんですのよ」

2021/07/30 07:11
医者がナースに言うには、
「山田さんの病歴簿を持って来なさい。第四巻だよ」

2021/07/02 07:11
母親になりたての妻が、病院の請求書をしげしげと見ている夫に言った。
「赤ちゃん一人に24万円はたしかに高かったわね。でも、一生もつのよ・・・・」

母親が請求書を調べながら父親に、
「何か適当な自習書を買って、あの子の歯をう ちで治すわけにはいかないかしら?」

2021/06/29 07:11
産婦人科のお医者さんのところへ行こうと、バスに乗合わせた二人の妊婦が、
お医者さんについて何かと話しているのを聞いた。
最後の結論として一人が断固、
「でも少なくも私たちだけには『何もかもあなたの気のせいです』とは言えませんわね」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる