2024/04/20 07:11
男性が医師の診察から戻ってきたところ、友人がどうだった?と尋ねた。
「悪くないよ。医者は私が数学ディスレクシア(計算障害)だと言ったよ」
友人は「そりゃあ、まずいだろ」と言うと、男性は、
「医師は私に、5人中17人がかかる病気だから心配ないって」

2024/04/07 07:11
先週、診療所で医師に成り済まして患者に手術をしたとして、
柔道整復師が逮捕された。
バレた原因は外科手術の時、縫合が蝶結びだったためという
ウソのような本当の話。

2024/03/30 07:11
患者が医師に、
「医療費がこうかさんでくると、いつまで心気症でいられるかわかりませんわ」

2024/03/13 07:11
医師は、私の健康診断中に血液検査の結果を確認し、血圧を測定しました。
「今朝は急いでいたのですか?」彼は尋ねた。
最悪の事態を考えながら、私は答えました。
「いいえ、私は待合室で静かに座って、とてもリラックスして本を読んでいました。
なぜですか?私の血圧は高いですか?」
「いいえ、あなたはキャミソールを裏返しに着ています」

2024/02/21 07:11
初めて診察を受けにきた患者に、医者が、
「ずいぶん顔が赤らんでるね」と言ったところ、
患者が、
「血圧が高いんですよ、先生。家系のせいなんですよ」と言う。
「母方かね、それとも父方かね?」
「いいえ、家内のほうなんですよ」
「どうして君の奥さんの家系のせいで、君が高血圧になったりするんだね?」
男はため息まじりにこう言ったものである。
「先生、会ってみればおわかりになりますよ」

2024/01/30 07:11
医者が女性を診察した後、
「奥さん、喜んでください。いい知らせがあります」
「奥さんだなんて。私、全くの独身です」
「ええと・・、悪い知らせがあります」

2023/12/08 07:11
手術直前に病院の廊下から逃走する男性の姿が目撃された。
「どうしたの?」 彼は尋ねられた。
「看護師が『とても簡単な手術だよ、心配しないで、大丈夫』と
言ったんだ」
「看護師があなたを慰めようとしただけじゃないの。何がそんなに怖いの?」
「看護師は私と話しているんじゃなく医者と話してたんだ」

2023/11/15 07:11
私が働いている病院では、入院手続きの一環として、患者さんに何か
アレルギーがあるかどうかを尋ねます。
もしそうであれば、患者の手首に装着されたアレルギーバンドにそれを印します。
以前、年配の女性にアレルギーはないか尋ねたところ、バナナは
食べられないと言われました。
数時間後、非常に激怒した息子がナースステーションにやってきて、
「私の母親に『バナナ』というラベルを付けた責任は誰にあるのか」と
要求したときの私の驚きを想像してみてください。

2023/11/05 07:11
採血中の看護師に、私の静脈を見つけるのはとても難しいと話すと
彼女は、
「大丈夫よ。もっとひどい人がいたの。昨年、血液検査を受けにきた女性は
両腕に4か所で6回針差しをしたのよ」
「はい、それも私です」

2023/10/25 07:11
ストレスの症状は食べ過ぎ、タバコの吸い過ぎ、衝動買い、スピードの出し過ぎだそう。
でもこれがないと私はストレスになる。

2023/10/23 07:11
「先生、眠れないんです」
「いいですか、不眠症を治したいなら悩み事をベッドに持ち込まないことですよ」
「それは無理です。家内は一人で寝たがらないんです」

2023/10/18 07:11
「先生、インフルの予防接種っていくらですか?」
「3500円だよ」
「家族4人で打つと大変ですね」
「3300円のコースもあるよ。消毒と注射後の揉みと絆創膏がないけど」
「それ、なんていう注射ですか?」
「専門用語ではかけ注射って言うけど、関西では素注射って言うよ」

2023/09/13 07:11
患者「先生、最近、私は未来のことばかりが頭に浮かんできて困るんです」
先生「いつからその症状が出てきたの?」
患者「来週の火曜日です」

2023/08/22 07:11
頚椎症で整形外科に通っている私。
ある日、担当の爺ちゃん先生と会話を楽しんだ。
先生「えっ? 痛み止め2種類も出してんのに、まだ痛いの?」
私 「50%ほど楽にはなりましたが、まだ痛いです」 
先生「あのな……マーフィって人がええこと言うててな、
大丈夫、痛くない、とか自分に言い聞かせてな……」
私「マーフィーもエミール・クーエも知ってますし、自己暗示もかけてはいるんですが……」
先生「口で言うだけはあかん。潜在意識に働きかけて…」
私(心の声)「潜在意識でなんとかなるんやったら医者はいらんやん」
めまいで医科大まで行ったけど、原因が解らんで、自立神経性とか……手だてが
なかったら精神論やもんなぁ…」
先生「ワシも首、痛いんや。若い時にラグビーやっててな。
腰椎脊柱管狭窄症で手術もしたけど…あかんわ。痛い……。けど、痛み止めでも、
自己暗示でも、なんでもやって楽しくポジティブに生きななぁ」
私「あはは❢…なんだか先生好き❢」
先生「そやろ?…同級生やしな」
私(心の声)「それも言うなら“同類”やろ。けど、専門医でもない先生が担当になった
理由が、今、判ったわ」

友人風子さんの投稿ジョークです、いつもありがとう。

2023/08/05 07:11
見習い看護婦のために応急手当に関する講習をしているとき、婦長が質問した。
「子供がドアの鍵をのみこんだらどうしますか?」
ある見習い看護婦が答えた。
「窓から家に入ります」

2023/07/25 07:11
遺伝歴をもっときちんと聞かなくてはいけないと教授に叱られたインターン生。
馬に蹴られて入院した患者に向かって、
「あなたのお父さんやおじいさんも、馬に蹴られやすかったですか?」

2023/06/20 07:11
ある女性はひどく太りすぎていたため、医師は彼女にダイエットを勧めた。
「2日間規則的に食事をし、3日目はスキップし、この手順を2週間繰り返してください。
次に会うときは、少なくとも2kgは減っているでしょう」
女性が戻ってきたとき、7kg近く体重が減り、医師を驚かせた。
「すごいですね! 私の指示通りにしましたか?」と医師。
女性はうなずいた。
「でも日目は死ぬかと思いました」
「飢えで?」
「スキップのし過ぎで」

2023/06/12 07:11
ドラッグストアのオーナーが店に入ると、壁にもたれかかっている男を見つけた。
オーナーは店員に「あそこの壁際に立っている人は?」と尋ねた。
店員は、「彼は今朝、咳止めを買いにここに来ました。咳止めシロップが
見つからなかったので、下剤をボトルごと与えました」と言った。
オーナーは「なんてことをしたんだ。咳は下剤で治らないよ!」
店員「そうですか?でも見てください、彼は咳をするのを怖がっています!」

2023/05/26 07:11
「先生、胃の不調がもう10年も続いています」
「どんな症状かな?」
「胃の痛み、もたれなどです」
「ストレスが原因でしょう。何かストレスはありますか?」
「あります、胃の不調です」

2023/05/19 07:11
農夫のゴスマンは獣医に行った。
「ウチの馬が何日も便秘で・・・」
「長い管を馬の尻に突っ込んでこの錠剤を吹き込みなさい」
次の日ゴスマンがさえない顔でやってきた。
獣医が「どうしたのか」と訊くと、ゴスマンが、
「俺が吹く前に馬の野郎が吹いたもんで」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる