2021/01/25 07:11
前に祖母のいる老人ホームを尋ねたら80代のご婦人5人で
お茶してたから
「あら女子会ですね」と声をかけたらひとりのおばあちゃんがすごく
喜んでくれた。
「ずっとその『女子』」っていうのになりたかったの、女でも妻でも母でもない
女子に…わたしも女子なの?嬉しい!」って。

2021/01/24 07:11
私が小学4年生の頃の話です。
当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが
出来ない性格でした。
休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子に
ずっと座っていました。
しかし、一人でいるのが好きな訳ではないので、凄く寂しい思いを
していました。
ある日、休み時間いつも通り席に座ってると、隣の席の女子に
「何で男子のみんなと遊びに行かないの」
と言われました。
その時は、つい強がって
「外で遊びたい気分じゃないから」と言いました。
暫くしてその子に、
「じゃあ、私と中で遊ぼう」と言われ、けん玉をしたりお手玉を
したり、だんだん楽しくなりしまいにキャッチボールもしました。
翌日も、その翌日も、その子と遊んでいたら、だんだんと遊ぶ人が
増えて行き、僕はクラスの男子とも外に出て遊ぶようになりました。

ある日のホームルームの時間、担任の先生から、その子が転校する
ことを伝えられました。
僕は、親友だと思っていたその子に大事なことを伝えてもらえなかった
事に腹を立てていました。
掃除の時間になり、その子の机を運んでいたら、引き出しからお手玉が
落ちました。
その瞬間、僕はあの日、その子と遊んだことが今までで一番楽しかった事を
思い出しました。
帰りの会が終わり、僕はその人に
「本当にありがとう、友達になってくれて」
と言いました。
そしたらその人にこう言われました。
「君のおかげで私も楽しかった。私のこと忘れないでね」

あれから60年、私は今年で70歳になりますが、
あの人の事は今も忘れていません。

2021/01/21 07:11
私が最も気に入っている科学的理論は、土星の環は
紛失した航空会社の荷物だけで構成されているというものです。
マーク・ラッセル

素敵な女の子といる時は1時間が1秒のように思える。
赤く燃え盛る火の上に座ると1秒が1時間に見える。
それが相対性理論だ。
アルバート・アインシュタイン

光の速さより速いものはない。ただし、悪いニュースは例外で、
それ自体が特別な法則に従っている。
ダグラス・アダムス

知的生命体が宇宙のどこかに存在することを示す最も確実な兆候は
誰一人として我々と接触しようとしなかったことだと思うことがある。
ビル・ワッターソン

2021/01/12 07:11
昨晩遅く仕事から帰宅したら嫁が、
「あんた、愛されちょるねぇ~」
と、ニヤニヤしながら話をしだした

部活から帰った息子は風呂入ってメシ食ってゲームして寝る…といった
生活パターンなんだが、昨晩部活が相当キツかったらしく帰ってきたら
コタツでうたた寝を始めたらしい
で、嫁が「コタツで寝んさんな!朝まで起こさんよ!はぁー知らんけーね!」
と注意(?)したら息子が、「父ちゃん帰ってくるまでには起こして」
と寝ぼけ眼で返事を返したから嫁がなんで?と訊くと、
「だってまる1日、父ちゃんと会話が全然ないとかなんかイヤなんじゃもん…」
と言いながら寝入ったそうな
朝早くから出勤するオレとの会話は確かに帰宅後の夜しかないのだが、
なんか嬉しいような恥ずかしいような不思議な気持ちだw

2020/12/16 07:11
毎日いっしょに帰ってる会社の子に、
「ねえねえ、パンケーキとか甘いものすき?夏限定メニューがあるんだけど、
一緒に行かない?」って誘われて、すごい嬉しくて秒で明日のお昼行くことに
決めたんだけど、別れ際、
「勇気出して誘ってよかった」って言ってくれて、ときめきが溢れまくった。

2020/12/09 07:11
他人のたくさんのミスから学びなさい。
自分のミスから学ぼうとすれば一生じゃ間に合わないから。

2020/12/06 07:11
国連難民高等弁務官を努めた緒方貞子さんは、
家庭に入って主婦をしたり、介護をしたりして
国連の仕事を始めたのがなんと48歳からだそうです。
彼女の言葉が実に凛としてかっこいい。
「家庭にいるときも、いざ仕事が来た時にはこなせるだけの準備は出来ていた」
(「村岡花子の世界」より)

2020/12/05 07:11
あるベトナムの村に宣教師たちの運営する孤児院がありましたが、爆撃を受けてしまいました。
宣教師達と2人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。
重傷になったものたちの中でも8才の女の子は最も危ない状態でした。
無線で助けを求めると、しばらくしてアメリカ海軍の医者と看護婦が到着しました。
大量に出血したことにより危ない状態にあり、早く手当をしないと少女は命を落とすことになります。
輸血が必要でした。しかしどうやってそれを行うことができるというのでしょうか。
言葉が通じないため、ジェスチャーを使って子供達を集め、何がおきていたのかを説明し、
誰かが血液を提供することが必要であることを伝えようとしました。
沈黙の時間がしばらく続いた後、一本の細い腕が恐る恐るあがりました。
ヘングという名の少年でした。
急いで少年の準備をすると、苦しむ少女の隣に寝かせ、輸血ようの管をとりつけました。
少年は黙ったまま天井をじっと見つめていました。
しばらくすると、少年は自由になっている手で顔を覆うと、しゃくりあげるように泣いているのでした。
医師がどこか痛いのかと尋ねるとそうではないようでした。
しかし、しばらくするとまた、しゃくりあげ、今度は大粒の涙をこぼしていました。
医師は気になり、再び尋ねましたが、またもや彼は否定しました。
ときどきしゃくりあげていたのが、やがて静かに泣き出しました。
明らかに何かが間違っているようでした。
すると別の村からベトナム人の看護婦が現れました。
医師はその看護婦にヘングに何が起きたのか尋ねてくれるように頼みました。
すると少年の苦しそうな表情はゆるみ、しばらくすると彼の顔は再び平静を取り戻しました。
すると看護婦はアメリカ人の医師達に説明しました。
「彼はもう自分が死ぬのかと思っていたんです。あなた達が説明したことを理解しておらず、
少女を助けるため、全ての 血液を提供しなければいけないと思ったようです」
すると医師はベトナム人看護婦の助けを借り、少年にきいてみました。
「そうであればどうしてあなたは血液を提供しようと決心したんですか」
すると少年は単純に答えました。
「あの子はぼくの友達なんです」

2020/12/04 07:11
elegant(優雅な)とarrogant(傲慢な)は意味が正反対なのに発音がよく似ています。
日本語でいうと、刷毛(毛がある)とハゲ(毛がない)みたいなもんでしょうか。(笑)

2020/11/24 07:11
何気ない1日だったけど間違いなく「幸運な日」だった。
14日(土)は星占い的にとても幸運な日だったらしい。
それをコンビニの占いの本で知ってずっと覚えてた。
当日は「とても良い日らしいけど何があるんだろう」って少しソワソワしてた。
でも昼過ぎくらいに
「これいつもと同じじゃない?特に良いことは起こらないけど…」と思ってガッカリ。
だけどよくよく考えてみると、いつもと少しずつ違ってた。
いつもと同じ道を歩いたけど、暖かくて散歩にぴったりだった。
散歩中の犬が近寄ってくれたし野良猫は写真を撮らせてくれた。
水中に潜って魚を撮ろうとする鳥を見つけた。
いつもと同じ店に買い物に出かけたけど、いろんなものが安く買えた。
珍しいものをたくさん食べられた。
いっぱい歩いて疲れたけど、なんやかんや楽しかった。
どこかに遠出したわけでもなく、運命的な出会いがあったわけではなかった。
何気ない1日だったけど間違いなく「幸運な日」だった。

http://honwaka2ch.livedoor.biz/archives/9716208.html

2020/11/10 07:11
もう10年も前の話
妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、
私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。
実際私も、妻の面影を追う毎日であった。
寂しさが家中を包み込んでいるようだった。
そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、
実家の母にしばらくきてもらうことになった。
出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。
2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。

そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。
“ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、
園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。
こんなときにそんなプログラムがあるなんて・・・
「まぁ、行くよ」
娘だった。
息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。
一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。
隣に座っていた母がこう言った。
あなたがこの間、九州へ行っていた時に、正樹はいつものように泣いて、
お姉ちゃんを困らせていたのね。
そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、
「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?
本当はパパだってとってもさみしいの
だけどパパは泣いたりしないでしょ?
それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。
だから、だいじょうぶだよね?
お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから」
そう言っていたのよ。
何ということだ。
娘が私の代わりにこの家を守ろうとしている。
場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。

2020/11/03 07:11
Man A, "Never say never." (neverなんて決して言うなよ)
Man B, "But you said it twice!" (あんた2度も言ってるじゃないか?)

湯川秀樹は生前よく次のようなことを言っていた。
「科学者は、『絶対』という言葉を絶対に使ってはいかんのや」

2020/10/24 07:11
「何もかもが完璧なら、何かがおかしい」
If everything goes perfectly, something's wrong.

ベイブ・ペイリーは美しくスリムでエレガントで1940~1960年代のアメリカの
ファッションリーダー的存在だった。
ベイブを崇拝していた作家のトルーマン・カポーティは、ベイブについてこう語った。
「ベイブ・ペイリーのひとつの欠点はパーフェクトなことなんだ、
そうでなければパーフェクトなのに」

babe-paley1.jpg

2020/10/22 07:11
人間にはだれにでも欠点がある。
しかし、他人は私の欠点に対してこれまで実に大目にみてくれた。
だから私としても、彼らの短所に寛大であることによって、その恩に報いるべきなのだ。

2020/10/18 07:11
俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。
んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
そのまま3週間入院する事になって。。。
んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と
仲良くなれないで一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。
んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。
俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか
照れ隠しして借してあげたさ。
でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。
それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話も
するようになった。
学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…
それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」ってそのままゲームボーイと
Saga2置いていったのよ。
それから何回もお見舞しに行こうと思った。…でもいざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行けなかった。
連絡がないまま1年半が過ぎて、俺も小学校を卒業する頃になった。
せめて卒業前にもう1度会っておきたいな、と思って意を決してお見舞に行く事にしたんよ。
病室に行ったけど彼女はいなかった。病室入口の名前欄にもない。
もうとっくに退院してたのかな…?と思ってとりあえずナースセンターで聞いてみた。
「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、って言われた物があるのよ」
と言って俺にそれを渡してくれた。借してあげたゲームボーイとSaga2だった。
俺はそれを受けとって家に帰った。
帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。
懐かしいあのOPの音楽。それと一緒にでてくるロード画面。
一つは彼女と俺が一緒にプレイしたデータ。あの時からほとんど変わってない。
懐かしさと悲しさで胸がいっぱいになった。
もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。
パーティー四人の名前がこうなっていた。

「リョータ」

「いろいろ」

「ありがと」

「バイバイ」

2020/10/09 07:11
小4の息子
我家は母子家庭。
もちろん裕福ではないけど、つつましく暮らせば生活に困るような事もないような
家庭のつもりだったのですが。

ある日、元々指輪など装飾品にそれほど興味のなかった私が珍しく超々安物の指輪を
気に入って購入した夜。
私「ねえ、これかわいいでしょ~?」(本当に気に入ってたから)
小4の息子「買ったの?」
私「うん、どう?」
息子「高かった?」
私「まっさかーー、500円だったかな」
その後、何故か息子は下を向いて黙ってしまい
どうしたのかと思ってたら
「俺が大きくなったら、すっごい高い指輪買ってあげるから」って
涙ふきふき言われてしまいました。
買えないから買わないのももちろんあるけど、我慢するほどそういうのが
欲しい私ではなかったのに息子は、きっと勘違いしちゃったんだろうな。
でもそんな気持ちが嬉しくて、私も泣き笑いしちゃった。
これから先、何があってもこの子がいてくれたら乗り越えていける、って
改めて思わせてくれた夜でした。

2020/10/07 07:11
若かったころ、私は起こったことも起こらなかったこともすべて覚えていた。
でも私も年をとりつつある。
そのうち、起こらなかったことしか覚えていられなくなるだろう。

2020/09/17 07:11
隣の青々とした芝生は、浄化槽の漏れが原因かもしれないと思えば
少しは気が楽になる。

2020/08/31 07:11
「困っている人を助けてあげれば、その人がまた困ったときはあなたを思い出すでしょう」

2020/08/13 07:11
最も快いかおりは何であろう?
だれでもめいめいの好きなにおいをならべることができる。
私の好きな のは――空中にそこはかとなく、かすかに漂い、
その 源をたずね当てることのできない野バラのかおり。
酷暑の日の松林のかおり。ハッカソース。新しく割った 薪のにおい。
肉桂。熟したリンゴ。缶をあけたばかり の紅茶。ひきたてのコーヒー。
競馬ウマの厩舎。酪農場。箱入りの葉巻。サーカス。
それからむろん、いろ いろな花のかおりも!

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる