2019/04/21 07:11
最近、異種業種のコラボ店が流行ってきている。
本屋に野菜販売のコーナー、コンビニにレンタルビデオ、
ケーキ屋にカラオケなどなど。
そういえば昨日行った医院も片隅で葬儀屋の受付もしていた。

2019/04/16 07:11
新元号「令和」が発表され、中国由来じゃなかったため
一部の中国人は心穏やかじゃなく日本人は漢字が
分かってないと冷笑している。
中国が日本に漢字を使わせてやってるという意識が強いのだ。
確かに漢字は中国由来だけど、今の中国の漢字の70%は
日本語から借用していることを中国人は知らない。
誇り高い中国人が知ったら卒倒すること、
中国国名の中華人民共和国の人民も共和国も和製漢語である。

2019/04/12 07:11
ボク、ジャックといいます。
不注意であなたのクルマにぶつけてしまいました。
人が見ているので住所や電話番号などを書くふりをしています。
ごめんね。

ジャック

2019/04/11 07:11
先日コストコに行った時のこと。
我が家のワンちゃんのドッグフードを大量に買い込んで、レジの列に並んでいると、
後ろの女性がワンちゃんを飼っているのか、と尋ねました。私はリタイアして退屈なので
いたずら心で咄嗟に
「いいえ犬は飼ってません。自分のダイエット用なんですよ」と答えました。
「えっ? ダイエットに」
「そうです。ポケットにこのドッグフードを入れておいて、お腹がすくと1、2個たべるんですよ。
栄養も完璧だし、10キロもやせたんですよ。ところがこの前、入院騒ぎになって・・・」
「ドッグフードが体に悪かったんですか?」
「いいえ、道路でプードルのお尻を嗅いでいてクルマにはねられてしまったんですよ」
女性は怒り出し、後ろの男性は笑いすぎて苦しがるやら、でした。

もう二度とコストコには行けません。

2019/04/10 07:11
ペンシルバニアからニューヨークに向かう高速で、ニュージャージー州を
車で走っていた時のこと。
時速80キロの制限速度でおとなしく走っている集団に行き当たりました。
集団の真ん中に、誰もが追い越すのを嫌がる州警察パトカーがいたのです。
数分後に、拡声器で警官の声が響きわたりました。

「お願いだから、行ってください!私は、ペンシルバニア州警察官ですから・・・」

2019/04/08 07:11
青年が、昼食を食べ終え、顔なじみのマスターに言った。
「マスター、結婚することにしたんだ。彼女もうすぐここにやってくるよ」
「そうですか、おめでとう。今日は特別です。彼女の美しさに応じて払って
くれたらいいですよ」
青年は5ドルを払った。
しばらくして彼女がやってきたのを見て、マスターは4ドル15セントを青年に
お釣りとして渡した。

2019/04/06 07:11
京都の有名なすっぽん料理屋では元禄時代から300年間すっぽん鍋だけを
出してきたとか。
鍋もずっと使われ続けているので、湯を沸かすだけですっぽんスープができる
ほどだという。
まさか洗いが足りないせいじゃないでしょうね。(笑)

2019/04/05 07:11
これは私の町で本当にあった話です。
この事件はヤング・ハリスという消防署もない小さな町で起こりました。
ある日一軒の家が火事になり、町中の人たちが集まったのですが、
誰も手出しができなくてただ見ているだけでした。その時、ファズの乗った
オンボロの小型トラックが近づいてきました。トラックにはファズの妻、
子供たち、いとこ、叔母たち、叔父たちが乗っていました。
ファズのトラックはふらふらと家の境界を越えて、燃え盛る家の真ん前に止まり、
乗っていた全員が飛び降り、持っているもので火を叩いて消し始めました。
30分ほどで消火しました。市長は、勇気ある行動で称賛に値すると、ファズに
1000ドルを与えました。
「町中キミたちの勇敢な行動に感謝している。この賞金をどう使うかね?」
ファズはしばらく考えた末に答えた。

「トラックのブレーキの修理をしたいです」

2019/04/02 07:11
電話代が異常に高かったので、父親は家族会議を招集した。
父「電話代、高すぎだよ。みんな電話の使用を制限しなさい。
私は家の電話は使わずオフィスのを使ってるよ」
母「私も仕事場の電話しか使わないわ」
息子「ボクも家のは使わない。会社の携帯を使ってるから」
父「メイドさんは?」

メイド「私も問題ないですよ。仕事場の電話を使ってますから」

2019/04/01 07:11
昨日デパートの時計売り場でつい笑ってしまいました。
ある腕時計の革バンドにこんなコピーがついていました。
「この革バンドは松阪牛から作りました」

肉だけにして皮は勘弁してやれや。

2019/03/31 07:11
荷物が見当たらなかったので、空港カウンターに行きました。
「どんなスーツケースでした?」
「色はネイビー・ブルーで縦60cm、横45cm、高さ50cmです。
赤い縁取りがあって、片側に3つの大きな星のマーク、もう片側には
アトランタ・オリンピックという文字が書いてあります。」

「わかりました。で、他に何か特徴は?」

2019/03/28 07:11
深刻なアクシデントに見舞われた男が意識が回復すると、
話すことができなかった。男はどのくらい意識がなかったのかを知りたかったので
紙片をもらい、「DATE?」と書いて看護婦に渡した。
看護婦は彼の書いた文字の下に字を書いて彼に渡した。

「既婚」

2019/03/25 07:11
強盗の裁判の前に、裁判官が被告に説明した。
「あなたは、私が裁くか、陪審によって裁くかを決めることができます」
「陪審って何ですか?」
「一般の、あなたのまわりにいるような人たちです」

「あなたが裁いてください。私は、泥棒たちによって裁かれたくないです」

2019/03/24 07:11
末期がんで入院中の弁護士の見舞いに友人がやってきた。
友人がそばに行くと、弁護士はベッドで自分のカルテを熱心に読んでいた。

「今度もなんかいい抜け道がないかと思ってね」

2019/03/23 07:11
会議の司会者が紹介した。
「次はミネソタ警察署長のロジャー・レディング氏と最愛の奥様のビバリーさんです」
ところがレディング氏の妻の名前はビバリーではなくオードリーだった。
演壇についた署長はちょっと笑いながら話し始めた。
「こんな素晴らしい方々の前でお話しするのにちょっと緊張しています。
でも今晩妻のオードリーと家に帰り、『ビバリー』が誰かを説明することに比べれば
なんてことはないです」

2019/03/21 07:11
私が郵便局に入っていったとたんに、女性の局長が私の指輪(夫の贈り物だった)に
目を止めて言った。
「本物のダイヤですね」
私は内心とても喜んで答えた。
「そうよ、本物よ。どうして分かったの?」

「だって、そんな小さな偽物って誰も買わないでしょ」

2019/03/19 07:11
英語学の教授である父は、学生のエッセイにちょっとしたコメントを
書き加えるようにしていた。
遅くまで起きて書いていると、父の筆跡が乱れてくることもしばしばあった。
ある日エッセイの時間が終わって、生徒が返されたエッセイを持って
父のところにやってきて尋ねた。
「先生、このコメントが読みにくいんですが・・・」
父はエッセイを手にとって読んだ後、恥ずかしそうに生徒に言った。

「もっと字を分かりやすく書きなさい、って書いてあるんだよ」

2019/03/16 07:11
結婚生活に疲れた女性が森の中を歩いていると、突然話しかける声がした。
「そこの女性の方、私はあなたの足元にいるマッタケです。
私は魔法使いにマッタケにされてしまった男です。
私にキスしてくれれば私は男の姿に戻ります。そうすれば、あなたは私と結婚し、
子供を作り、育て、私とともに長く幸せに暮らせます」
30分後、女性はマッタケを焼き、醤油をつけて食べながら独り言を言った。

「私はそうは思わないな」

2019/03/14 07:11
一人の男が天国の門の前に立っていた。
聖ペテロが彼を手招きして言った。
「なにかひとつよい行いをしたことを言えば、この天国に入ることができます」
男は述べ始めた。
「暴漢二人が一人の女性を脅していたので、助けに入りました。
一人の鼻ピアスを引きちぎり、もう一人の顔にパンチをくらわせてやりました」
聖ペテロがそれはいつのことか、と尋ねると男が答えた。

「ほんの5分前のことですよ」

2019/03/12 07:11
A「あのジーンズの短髪の若者、男かな、女かな?」
B「女です。私の娘です」
A「あっ、ごめんなさい。あなたが彼女のお父さんとは知りませんでした」

B「違います。私は母親です」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる