2019/10/20 07:11
大家が新たな入居希望者に、
「いい部屋ですよ。ただ壁にたくさんシミがついてますが」
「なんのシミですか?」
「前の住人は爆弾の発明家だったものですから」
「彼は今どこに?」

「このシミがそうですよ」

2019/10/07 07:11
男が歩いていると占い師のテントがあった。
男は冷やかしてやろうと思い、中に入って座った。
女性占い師は、水晶玉を覗いて男に言った。
「ああ、あなたは2人のお子さんのお父さんですね」
「あんたがそう思っているだけだ」男は笑って答えた。「私は3人の子供の父親だよ」
占い師は笑って、
「あなたがそう思ってるだけですよ」

2019/10/03 07:11
昨夕ドアにノックがあり、開けるとドミノピザの配達人が
ペペロンチーニとチーズとオニオン・リングを手に持っていた。
私が「ピザを頼んでないよ。何かの間違いじゃないか」と言うと、
彼は答えた。
「いえ、間違いじゃないです。お隣さんがパスワードを忘れてしまって
ブログの更新ができなかったのです。それで彼が、せめてあなたに
だけでも夕食に何を食べたか知らせたいって言うんです」

2019/10/01 07:11
ウィキペディア「私は何でも知っている」
グーグル「私は何でもできるよ」
フェイスブック「私は誰もを知っている」
インターネット「私がいなきゃあみんな何もできないよ」
電気「君たち、お黙りなさい、負け犬君たち」

2019/08/21 07:11
子分「兄貴、見舞いにきました」
兄貴「おお、きてくれたか」
子分「その本、何ですか?」
兄貴「いや、なんでもないよ(枕の下に隠す)
子分「大変でしたね。骨折だなんて・・・」
兄貴「骨折でよかったよ。これがガンだったらと思うと、骨折でうれしいよ」
子分「病院の食事、まずいでしょ」
兄貴「まずくてよかったよ。家内のメシがうまく思えるからな。うれしいよ」
子分「入院中に奥さんが男と家を出ちゃいましたよ」
兄貴「ほんとか。まあ、男と心中しなくてよかったな。うれしいよ」
子分「なんですか、うれしい、うれしいって」
看護婦が検温に入ってきて、枕を直す。
看護婦「こんな本をお読みなんですか?『少女パレアナ』」
兄貴「(顔を赤くして)娘がまちがえて置いていったんだ。
退屈だったから読んでみたらはまってしまってね。パレアナちゃんの
『喜びのゲーム』がすごいんだ」
子分「パレアナちゃん? 『喜びのゲーム』? 」
兄貴「うん、貧乏なパレアナちゃんが人形が欲しくてたまらなかったのに、
あるとき慰問袋のなかに人形じゃなくて松葉づえが入っていたんだ。
パレアナちゃんはがっかりして泣いていたら、父親が松葉づえを使わずに
すむからうれしいって考えるんだよって言って。それから辛いときにはいい
方向に考える『喜びのゲーム』が始まったんだよ」
子分「それでさっき、うれしい、うれしいって言っていたんですか」
兄貴「オレ、もうヤクザをやめてパレアナちゃんのように生きるんだ」
子分「指を詰めさせられますよ」
兄貴「それは困る。続編の『パレアナの青春』も買ったのにページが
繰れなくなっちゃう」

2019/08/11 07:11
現代では統計的に4人に1人は精神的にアンバランスな人がいます。
あなたの3人の友人を思い浮かべてごらんなさい。
その人たちがなんでもなかったら、あなたがその1人です。

2019/07/28 07:11
急に身辺が忙しくなり、ブログの更新もままならない状態に
なっています。
しばらくの間ブログの更新は広告回避のため月1、2回程度になり、
みなさんのブログへの訪問も出来ません。
しばらくの間、過去の動画、ジョークでお楽しみください。

2019/07/26 07:11
新たに就任した社長が社内を巡回していると、一人の男が
壁にもたれてガムを噛んでいた。
社長は仕事もせずただ立っている男に歩み寄ると、詰問した。
「キミは週にいくらもらっているのかね?」
男はちょっと驚いて、「300ドルですが・・・」
社長は財布からの小切手をだし1200ドルを与えて言った。
「4週分の小切手だ。社から出ていって二度と戻ってくるな」
男は小切手をポケットにしまい、部屋を出て行った。
社長はみんなを見まわして言った。「あの男の名前は?」
そばにいた男が答えた。

「さあ? ピザの配達人です」

2019/07/25 07:11
スーパーの入り口でお客様をお迎えするのが私の仕事で、
勤めはじめて2時間たったとき、声の大きい、下品で見栄えの悪い女性が
二人の子供を連れて入ってきました。入店してからも大声で卑猥な大声を
発していました。私は愛想よく言いました。
「おはようございます。素敵なお子さんたちですね。双子さんですか?」
そのどうしようもない女性が答えました。
「ちょいとあんた。上の子は9歳で、下は5歳よ。どうやったら双子に見えるのよ。
あんた、目が悪いの、それともバカなの?」
私は言ってやりました。

「私は目が悪くもバカでもありません。ただ、あなたと二度寝る男がいるのが
信じられなくて・・・。どうぞいいお買い物を!」

2019/07/23 07:11
第25回参議院選挙は21日、全国で投票が始まり、22日未明には
大勢が判明する。
そんな中、令和生まれの投票率が極端に低かったことが判明し波紋を呼んでいる。
令和世代の特徴は、国政への関心が低く生まれてからずっと甘やかされ
食べて寝るだけの生活をしているという。

続きはこちらでお読みください。

2019/07/21 07:11
ある商人が小さな町の郵便局長に手紙を書いた。
そちらの町のある男が商品の支払いを拒否したので、地元の正直な弁護士を
紹介してほしいと頼んだ。
すぐ返事が送られてきた。
「前略。私はこの町の郵便局長で、あなたのお手紙を受け取りました。
また私はこの町で弁護士もやっていますので、本来ならあなたの依頼を
お受けしてもよろしいのですが、じつは、あなたがインチキ商品を売りつけようと
した相手は私なのです。で、支払いを拒否したのです。
私はこの町の銀行家でもあって、あなたが受け取り用に開設した口座は
私が閉じました。私が今、この町の教会の牧師の代理人をしていなかったら、
もっとあなたのお話を聞いてあげられるんですが」

2019/07/17 07:11
私が好きなら、それは私のものです。
私があなたからそれを奪うことができるなら、それは私のものです。
私がしばらく前にそれを持っていたなら、それは私のものです。
私がそれは私のものだと言ったら、それは私のものです。
私が最初に見たのなら、それは私のものです。
あなたがそれを楽しんでいるなら、それは間違いなく私のものです。
あなたがそれを置くなら、それは私のものです。
それが壊れているなら、それはあなたのものです。

2019/07/16 07:11
その弁護士は証人の女性に詰問した。
「あなたはこの男の妻です。結婚するとき、彼が泥棒であることを知ってたわけでしょ」
女性は答えた。

「ええ、知っていました。私は年を取っていたので、泥棒か弁護士のどちらかを
選ぶしかなかったのです」

2019/07/11 07:11
世界陸上100m予選 サモアの選手で15秒66だった。

日本の小学生の最高記録が11秒95だとか。

2019/07/05 07:11
国交正常化以来、日本は中国に有償・無償の2兆円にのぼる援助を
してきたが、中国からは感謝の言葉はない。
ときに、「日本の援助を評価する」などのお言葉を頂戴するだけ。えらそうに(笑)。
ところで英語「appreciate」には「評価する」、「感謝する」の両方の意味がある。
これで、「appreciate」を覚えたでしょ。

2019/06/28 07:11
男が司祭に告解に行った。
「お許しください。私は罪を犯してしまいました」
「どんな罪かね?」
「先日、汚い言葉を使ってしまいました」
「汚い言葉をいつ使ったのかね?」
「ゴルフ場でのことです。ナイスショットを打って、250ヤードいくかと思ったら
電線に当たって100ヤードしか飛ばなかったのです」
「そのとき汚い言葉を?」
「いいえ、そのボールをリスがくわえていったんです」
「じゃあ、その時汚い言葉を?」
「いえ、そのリスを鷹が捕まえてグリーンのそばの森までくると、リスが口から
ボールを離したんです」
「このときか。汚い言葉は?」司祭はイライラして言った。
「いいえ、ボールが木に当たって、グリーンに転がり穴から6インチのところに止まったのです。
司祭はため息をついた。

「そのくそパットを外したんだな」

2019/06/26 07:11
NHKのガッテンでやっていたオレオレ詐欺の例。
老夫婦二人のところにニセ息子から電話。
「会社で失敗してしまい今すぐ金を振り込んで欲しい」と。
二人は銀行に駆けつけるが銀行員がそれは怪しいと説得する。
夫婦は納得せず銀行員上司が加わり説得するもだめ。
支店長も参戦し、最後に警官が加わって4人で説得するも
「早くしないと息子がひどい目にあう」を繰り返す老夫婦。
警官が呼んだ息子が駆けつけてきてやっと呪縛が解けた。
思い込みの激しさがよく分かる例ですね。

2019/06/25 07:11
私がバーに入ってバーテンに 「ビールをちょうだい」と言ったの。
そしたらバーテンが、
「あなたは18歳ですか?」
「いいえ」
「じゃあビールは出せません」
私はバーを出てふと考えたわよ。
断られたのはこれで4軒目よ。20歳の女の子がビールを飲むのって
こんなに難しいもんなの?

2019/06/23 07:11
裁判長が証人に警告をした。
「事実を述べることをあなたは誓いましたね」
「ええ」
「もし真実を述べなかったらどうなるか理解していますか?」

「ええ。私たちが勝訴するでしょう」

2019/06/17 07:11
弁護士「あなたは実際にその事故を目撃したのですか?」
証 人「ええ」
弁護士「あなたはその車からどのくらい離れていましたか?」
証 人「8メートル23センチです」
弁護士「8メートル23センチですって!事故後2か月もたっているのに
そんなに細かいところまで覚えているんですか?」

証 人「後日、知ったかぶりで横柄な弁護士に証言を求められると思って
巻尺で測ってノートに書きとめておいたのです」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる