2024/04/05 07:11
ある晩、夕食をすませたあとで、父親が居間のソファにすわって
のんびりと新聞を読んでいると、ふいに、
一番上の娘がはいってきた。
見ると、娘は父親が見たこともない若者と手をつなぎ合っている。
二人が口を開くまも与えず、父親が――
「娘と結婚したいというのなら、私の答はイエスだ。
しかし、車を貸してほしいというのなら断じてノーだぞ」

2024/04/04 07:11
ある人が出張から帰ってみると、車のハンドルの上にこんな置き手紙がしてあった。
「お父さんへ。お父さんの車はすぐ使えるようになっています
(なかは電気掃除機で掃除し、外側は洗車ずみです)。
お気に入ることと思います。これは、留守中車を使わせていただいたほんのお礼のつもりです。
どうも、ありがとう。
メリーより。

追伸、フェンダーの一部が取れていますが、それはトランクの中に入れておきました」

2024/03/29 07:11
夫が妻に病院から電話、
夫:「仕事の後、事故に遭ったんだよ。サブリナがボクを病院に連れて行ってくれた。
検査の結果、頸椎脱臼、顔面に複数の損傷があり、右足も骨折してると言われたよ」
・・・・・
妻「サブリナって誰?」

2024/03/20 07:11
中年の夫婦が今や眠りにつこうとしているとき、煙のにおいがした。
夫はベッドからはね起きて玄関へかけて行ったが、すぐ寝室にかけ戻ると、
大声で叫んだ。「裏のほうが全部燃えてるぞ!」
二人は気も狂わんばかりにあわてふためき、すっかり煙のたちこめた廊下に出ると、
手さぐりで玄関めがけて腹ばいになって進み、やっとの思いで玄関のドアにたどりついた。
これでひとまず安全とほっと一息ついた夫が、玄関のドアを開きながらちらと妻の顔を見て驚いた。
なんと、彼女はにこにこしているではないか。
「あきれたものだ!」と彼は叫んだ。「こともあろうに、こんなときに、なんだってにこにこしていられるのかね?」
「こうしないではいられないのよ、あなた」と彼女は答えた。
「あなたと一緒に、夜外出するなんて五年ぶりなんですもの」

2024/03/12 07:11
ウェディング・ドレスを着て、ブーケをもって座っている60才の妻を前にして、
夫が、
「年に1度やってきて、われわれにもう35回もあったって言うんだね。
わからないなあ、もうひとつヒントをくれないか」

AIに描いてもらいました。

wed23.jpg
AI@ELLE
2024/03/11 07:11
「そんなに行きたいのなら、子供たちと一緒に行ってらっしゃいよ」

AIに描いてもらいました。


AI@ELL
2024/03/06 07:11
女性が警察に夫ロバートが行方不明であると届けを出した。
警官が到着し、説明を求めた。
彼女は、彼の身長は6フィート2インチ、ブロンドのウェーブのかかった髪、
そしてハンサムだったと話した。
警官はこの報告を確認するために隣の家に行った。
隣の女性は警察に、
「ロバートは5フィート8センチ、ハゲていてブ男でした」
警官は女性のところに戻ってなぜ虚偽の報告をしたのかと尋ねた。
女性は、
「行方不明届を出したからといって、夫に戻ってきてほしいというわけではないんです」

2024/03/02 07:11
「ええ、あなたに確かに言いましたよ、子供と遊んでやってって。 でも・・・」」

chic1.jpg

2024/02/11 07:11
八十五歳になる私の祖母は今なお元気で、ときには町まで
歩いて行きます。
町に出ると、たいていは夕方遅くまであちこちと歩き回り、
帰りは夕飯に間に合わせようと、急いで"ヒッチハイク"をして帰ってきます。
乗せてもらう車は、乗用車でもトラックでも、何でも構わないようです。
ところがある夕方、その祖母が喜々として霊柩車から降りて来たときには、
肝をつぶしてしまいました。
「わたしゃ、よくよく運がよいように生まれているようだね」と祖母は感慨深げに
つぶやきました。
「あの車に二回も乗せてもらえる人はめったにいないって、運転手が言ってたよ。
わたしゃ、近ぢか、また乗せてもらえるんだって」

2024/02/03 07:11
母親が小さな息子を叱っていた。
「このロクでなしが。きょうは何をやらかしたんだい?」
「たいしたことじゃないよ。コンビニで女の子をからかっただけだよ」
「しようがないねえ。おまえも ちっとは父さんを見習ったらどうなの?」
「父さんが何をしたの?」
「服役態度が模範的だということで、刑期を一年も短縮されたんだよ」

2024/01/27 07:11
「お父さん、スエズ運河を作ったのは誰?」
「分からないよ、息子」
「ペニシリンを発見したのは誰?」
「知らないな」
「イタリアの首都はどこ?」
「さあね」
「ごめんね、こんな質問をしても構わない?」
「もちろん構わないよ、聞かなければ何も学べないよ」

2024/01/19 07:11
二人の兵士が自由時間におしゃべりをしていた。
最初の兵士は二番目の兵士に「なぜ軍隊に入ったの?」と尋ねた。
2人目の兵士は、
「ボクには妻がいなかったし、戦争が好きだったので入隊したんだ、キミは?」
「ボクには妻がいて、平和が好きだった。それで入隊した」

2024/01/18 07:11
スーパーのカートが不具合のため恐ろしい騒音をたてたが、
私はなんとか買い物を終えた。
ちょうどカートを探している男性がいたので、
「これガーガーうるさいけど、使えるわよ」といって渡した。
「平気だよ」と男性は言った。「家には似たような妻がいるから」

2024/01/13 07:11
朝、寝ぼけまなこの妻が「おはよう、ビル」と言いました。
私の名前はジョージです。

2024/01/06 07:11
息子:「お父さん、DNA検査の結果は返ってきたの?」

お父さん:「これからはジョージって呼んでね」

2023/12/31 07:11
さまざまな役職に就いていた父は、大勢の前でよくあいさつする機会が
あった。グループホームに入所する日、ちょうど昼時に到着した。
配膳された食事を前にした皆さんに、
「今日からお世話になる山田です。たいしたものはありませんが、
召し上がってください」
(埼玉県宮代町・皆さん笑って受け入れてくれました・64歳)

2023/12/29 07:11
湖畔の小屋で休暇を過ごしていた年配の男性とその妻が、ベランダに座って
若い頃のことを思い出していた。
「ここは私が泳ぎ方を習った湖だよ。まだ小さな男の子だった」と夫は言った。
「父が私を水の中に放り込んだので、岸に戻るために犬かきを覚えたんだよ。
「ずいぶん残酷なお父さんだったね。父親が、どうして幼い子供にそんなことができるの?」
「いや、それはまだよかったんだ。でも麻袋から出るのが大変だったよ」

2023/12/25 07:11
私の親は「P」という字に凝り、子供たちにPのつく名前をつけた。
私はポーラ、妹はペギーとパッティそして弟はジミー。
えっ、ジミーもPよ。PjimmyでPは発音しないsilent P なの。

*silent Pの例  receipt(レシート)、pneumonia(ニューモニア 肺炎)
psychology(サイコロジー)

2023/12/24 07:11
じいちゃんがよく言っていた。
「家族に感謝。年とってもずっと泳げなかったんだが、ある時、湖に連れていかれボートから
放り出されてから泳げるようになったんだ」
私は、それは違うと思う。

2023/12/21 07:11
息子「お父さん!お父さん!ベッドの下に怪物がいるよ!」

父親「今のうちに楽しんどいて、結婚したら怪物がキミのベッドで寝るから」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


「バーソは自由に」

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる