2019/07/20 07:11
私が勤めている宝石店の開店と同時に男性が飛び込んできて、
ダイヤモンドのイヤリングが欲しいと言いました。
いろんなイヤリングを見せると、彼はすぐ一組のイヤリングを選びました。
「これにしてくれ」
「ギフト用にお包みしますか?」
「いいね。スピードで頼む。きょう結婚記念日だというのを忘れててね。

妻はボクがごみ出しにいってると思ってるから」

2019/07/15 07:11
次男(8)の誕生日プレゼントを買いに行った。
たくさんのおもちゃの中から、次男が選んだのは人生ゲームだった。
帰りの車の中で、うれしそうにはしゃいでいた次男に、長男(10)が一言。
「人生はゲームじゃないぞ」
(栃木県鹿沼市・その通りです.・41歳)

2019/07/14 07:11
夫「キミいつもボクの写真をバッグに入れて会社に行ってるね」
妻「なんか問題が起きたら、あなたの写真を見るの。そうするとふ~っと楽になるの」
夫「ボクって頼りになるんだね」

妻「写真を見ていると、どんな問題もこれよりマシって思えてくるの」

2019/07/13 07:11
父親が、幼い息子が泣きそうなのを見た。
「どうしたの?」父親が尋ねた。

「あなたの奥さんとうまくいかないんだ」

2019/07/12 07:11
私が子供の頃、一番風呂は父親と決まっていた。
いま我が家では中学生の娘(14)が家族の中で最初に入る。
先日、早く帰宅した夫(47)が風呂に先に入ったため、娘が文句を言った。
夫はたしなめるどころか、
「ごめーん。でも湯船には入ってないよ。入ったら怒られると思って」
(熊本市・夫の情けない発言にボー然・48歳)

2019/07/04 07:11
マービンは玄関に次のような身代金要求の紙切れをみつけた。
「奥さんを預かった。明日朝10時までに、あんたのゴルフ・コースの
17番ホールに5万ドルもってこい。さもないと妻に生きて会えない」
マービンが17番ホールにつくと、草かげから覆面した男が現れた。
「遅いじゃないか、3時間も遅れて。奥さんを助ける気があるのか」
「もちろんありますよ。でも5千ドルにまけてもらえませんか?」
「何を寝ぼけた事を!」
「あんた、妻を人質にしてわかったでしょう、妻がどんな女か」
「まあな。ありゃあ相当ひどい。早く金を払って連れていけ」

「じゃあ、こうしましょう。5千ドルくれたら、すぐ妻を引き取ります」

2019/07/03 07:11
おとなしい男は妻に支配されることに嫌気がさして、
精神科に行った。
精神科医は「あんたは自尊心の構築が必要であり、
この本を読みなさい」と一冊の本を手渡した。
男は家に帰りつくころには、その本を読み終えた。
男は家に入ると妻の顔に指をさしていった。
「きょうからボクが家の主で、ボクが言うことが法律だ。
豪華な食事とデザートをつくること!デザートが終わったら
風呂を用意るんだ。それで、風呂が終わったら
誰がボクに服を着せ、髪をとかすかわかってるか?」
妻は平然と答えた。

「葬儀屋さん?」

2019/06/24 07:11
日ごろから物忘れがひどくて、失敗してばかりの私。
先日、見慣れないネジが床に落ちているのを見つけた。
「これ何のネジかなあ」と夫(40)に尋ねると、

「お前のじゃないの?」
(神戸市・そうかもしれない)

2019/06/21 07:11
真夜中の3時に犬の吠え声に起こされた。
3日続けてのことなので、私は夫に裏庭を見てきて頂戴、と頼んだ。
夫が懐中電灯をもって、裏庭に行くと塀に隠れて隣人が小石を我が家の犬に
投げつけていた。夫が、「どうしたんですか」と問うと、隣人は謝りながら言った。

「実は義母が泊まりに来ていて、もう一晩犬に起こされたら、帰るっていうもんで」

2019/06/20 07:11
新婚の妻モニカが、夫のニックが帰宅したとき言った。
「大ニュースなの。もう少ししたら家族が二人から三人になるのよ!」
ニックは大喜びでモニカにキスをした。
「ボクは世界で一番幸せな男だよ」
モニカは笑顔でつけ加えた。

「そんな風に喜んでくれてうれしいわ、母が越してくることに対して」

2019/06/18 07:11
女性が刑務所で夫に面会します。
彼女は帰りに刑務官に会って、言います。
「夫を働かせ過ぎないで。彼は疲れきっています!」
刑務官は笑って、
「冗談でしょ。彼はただ食べて寝て自分の房でゴロゴロしている
だけなんですから」
妻は怒って言った。

「ウソ言わないで!夫は何か月もトンネルを掘っているって私に言ったわよ」

2019/06/15 07:11
洋装店で座っていると、隣に中年の男性が座って試着室にいる奥さんを
待っていました。30分もして奥さんが試着室から出てくると、男性が言いました。
「それいいじゃないか。似合ってるよ。それにしたら」
奥さんは怒って、

「なに言ってるの。これこの店に来る前から着てるじゃないの」

2019/05/24 07:11
男が新聞を読んでいると、妻が後ろから忍び寄って男の頭をフライパンで叩いた。
「何をするの?」と男が問うと、妻は、
「ポケットにベティ・スーと書いた紙切れがあったわよ」
「なに言ってんだい。先週、競馬に行ったろ。そのとき賭けた馬の名前じゃないか」
三日後、また妻が男の頭をフライパンでぶった。
「なんだよ、一体?」

「あんたの馬から電話よ」

2019/05/22 07:11
大学の休暇に我が家に帰り、ママの手料理を食べた。
毎日私の好きなものばかりを作ってくれた。
大学に戻る前の晩に私が
「こんな料理をずっと食べたいなあ」と言うと、11歳の弟が笑って、

「ボクらもだよ」

2019/05/20 07:11
アメリカを徒歩で横断した夫婦にリポーターが、どのくらいかかったのかと、質問した。
夫のいわく、

「ほんとはもっと短時間で歩けたんだ。歩き出して一週間目に、家内がオーブンが
ついたままじゃないかと言い出して、家に帰ったからね」

2019/05/19 07:11
両親というものは、子供の教育に参加すべきであり、私の友人たちも例外ではない。
彼らの娘のイレーヌ(小学6年生)は夕食前にディナー・テーブルで宿題をし、
わからないときには両親が助ける。
ある日学校が終わって、イレーヌは紙をヒラヒラさせながら帰宅した。
「お母さん、大ニュースよ!算数の宿題、3つしか間違っていなかったわ。

お母さんが一つ、お父さんが一つ、私が一つよ」

2019/05/03 07:11
男がラビに相談に行った。
「ラビ、ちょっと恐ろしいことがあって、お話したいのです」
「どうしました?」
「妻が私に毒を盛ろうとしています」
「ほんとに?」
「ええ、ほんとです。どうしたらいいでしょうか?」
「じゃあ、ちょっと待ってなさい。奥さんと話してみるから。なんかいい手があるかもしれん」
夕方、ラビは男に電話した。
「奥さんと電話で三時間話しました。私のアドバイスを聞きたい?」
「ええ、ぜひ!」

「毒をお飲みなさい」

2019/04/19 07:11
先日、夫(51)が一泊入院して結石の手術をした。医療保険の保険金がけっこう下り、
夫は自虐的に「これで地デジ対応のテレビが買える」と苦笑いしていた。
最近、自家用車の調子が悪くなった。
「他に手術するところないの?」と聞いて以来、夫は口をきいてくれない。
(東京都目黒区・冗談に決まっているでしょう?46歳)

2019/04/07 07:11
夫が妻に言った。
「暑くてたまんないな。ボクが裸で芝刈りしたら近所の人たちはどう思うだろうね」
妻が答えて言うには、

「私が財産目当てであなたと結婚したって思うんじゃないかしら」

2019/03/30 07:11
結婚願望の若い男性が友人にこぼした。
「女の子を両親に会わせようと連れて行くと、母さんが気に入らないんだ」
「簡単じゃないか。お母さんに似た人を連れて行けばいいじゃないか」

「そうしたさ。そうすると父さんが気に入らないんだ」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる