2019/11/11 07:11
子供部屋で、中学生と幼稚園の娘が2人で何やら投げ合って、はしゃいでいる。
「キャー、きたない!」「顔に当たったやんかー、もうサイテー、キャー、
ギャ、ハハハハハ・・・」
とても楽しそうな笑い声が聞こえてくるので部屋をのぞいてみた。
投げ合っていたのは父親お気に入りのトランクスだった・・・。
(大阪市天王寺区 ひろっちゃん )

2019/11/04 07:11
某女子高校の国語の書き取り問題。

(1)「しょじょこうかい」を漢字で書け。

ひとりが「処女後悔」と書き、もう一人が「処女公開」って書いたそうな。
そんなもん 公開してどうするん(笑)。

2019/11/02 07:11
「母と子の会話」

こどもが母親に成績表を渡しながら、
「もちろん、ボク成績1番じゃないよ。父さんは会社で1番の給料をもらってるの?」


母親がこどもに、

「毎日、ロクなこともしないで、なんだよ。少しは父さんを見習いなさい。
父さんはこのあいだも、よい行いで刑期を2週間も短縮されたんだよ」


母親に息子から電話、

「ママ、当ててごらん!誰がたったいま退学になったか」

2019/10/31 07:11
ある若い母親が、クリストファーという名前の息子と近所の
娘ケイティーとの友情について、こんな話をしてくれました。
二人は夏の間中、自転車乗りや泳いだりで、一緒に遊び、
片時も離れなかったそうです。
やがて9月になり、幼稚園の始まる日を待ちました。
いよいよその日がやってきました。ケイティーはレースの飾りのついた
かわいらしいドレスを着て、いそいそとクリストファーの家の玄関のベルを押しました。
少年は嬉々として飛んでいってドアを開けましたが、ケイティーの姿を一目みると、
どうしたことか大声で泣きながら自分の部屋に駆け込んでしまいました。
「いったいどうしたというの、クリストファー?」と母親が尋ねました。
「ケイティーが迎えにきたの」と彼はしゃくりあげました。

「だけど、だけど、あの子、女の子だったんだ!」

2019/07/27 07:11
私が事故で入院しているとき、8歳の孫娘のヘレンが母親と見舞いに来ました。
ヘレンは左腕のギプスを恐ろしげに見たあと、他の部位も見たいとせがみました。
私は骨折した右のくるぶしや膝の打撲や髪の生え際の傷を見せました。
彼女は目を丸くして私に頼みました。

「おばあちゃんを明日、学校につれていって皆に見せたいの。いい?」

2019/07/22 07:11
セールスマンがある家に電話をすると、4歳の子供が出た。
「お母さんと話せる?」
「ママは家にいないの」
「じゃあ、誰かほかにいる?」
「ええ、いるわ」
「その人と代わってくれる?」
「いいわよ」
しばらくして・・・
「もしもし・・・」
「あれ?キミじゃないか。家の人に代わってくれるって言ったじゃない?」

「うん。でもね、ベビー・サークルから出せないの」

2019/07/09 07:11
幼稚園の先生が園児達に塗り絵を渡した。
カモが傘をさしている絵だった。
先生はカモは黄色に、傘は緑色に塗りなさいと教えた。
しかし、ティミーはカモを真っ赤に塗ってしまった。
先生が尋ねた。
「キミは赤いカモを見たことがあるの?」

「いいえ、でも傘をさしているカモも見たことがありません」

2019/06/29 07:11
少年は初めてのデートで何を話していいのか、と心配になった。
少年は父親にアドバイスを求めた。
「会話をスムーズにする3つのことを話せばいいんだよ。食べ物、家族、
それに哲学のようなものをさ」
少年はファースト・フードに入って、彼女と長い間互いに見つめあった。
居心地悪くなった少年は父親の言葉を思い出して、
「ポテトサラダは好きかい?」と聞くと、彼女は「いいえ」と言ったきり、また
沈黙が続いた。
少年は父親の2番目のアドバイスを思い起こして彼女に尋ねた。
「弟はいるの?」
彼女は「いいえ」と答えると、また会話がなくなってしまった。
仕方なく少年は最後のカードを切った。

「もし、キミに弟がいたら、彼はポテトサラダが好きかなあ」

2019/06/27 07:11
眼鏡のつるを歪ませてしまった親戚の中一の男の子が学校帰りに
デパートの眼鏡屋に寄りました。
普段は彼の祖母と一緒にメガネの購入・調整をやってもらっているんですが、
今回は一人で眼鏡屋に行き、とても緊張したとのこと。
彼が挨拶したら店中、大笑いになってしまい恥かしくてもうあの店には
行けないって落ち込んでいるそうです。
「ボク木村の孫です」と言うつもりが「ボク木村の子孫です」って
言ってしまったらしい。

2019/06/12 07:11
中学生だったころ。
下校時に、雨の中を駈けてきた近所の女の子を傘に入れてあげた。
<ええ~と、こんなときの幼児向けの話題って>
と話のきっかけを探していると、その子が一言、
「・・・おねえちゃん、年はいくつ?」
(東京都・気を使ってくれていたとは・54歳)

2019/06/10 07:11
妻が二番目の赤ちゃんを産んで病院から帰ってきたとき、数週間の約束で
住み込みの看護婦のマリーを連れてきました。妻は兄弟間の嫉妬のことを
本で読んでいたので、18か月の娘、ミルのことを注意深く見ていました。
ミルは嫉妬の感情を見せることもなく、弟をかわいがりました。
ミルはマリーがミルクをやったり風呂に入れたりするのを手伝いました。
数週たち、ミルにも問題もなかったので、マリーなしでやることにしました。
マリーが家を出てクルマに向かう時、ミルが大声で叫びました。

「赤ちゃんを忘れてるよ!」

2019/06/02 07:11
友人(40)の家族とバーベキューをした。
友人が用意してくれた肉のパックを見て、中学1年の息子(12)が
「すっげー、豚のコカンセツだって。初めて食べる」と興奮している。
私も食べたことないなあとラベルを見ると、「豚 小間切」とあった。
(川崎市・むしろそれしか食べていません・40歳)

2019/06/01 07:11
息子が学校で撮った写真を持ち帰り母親に見せた。
「撮影前に上着を脱ぐように言っておいたでしょう。それに笑ってもいないわ。
間抜けみたいに口を開けてるし・・・」と母親は言った。
息子は答えた。

「それ、話しかけてたんだよ、写真屋に。上着を脱ぐからちょっと待ってねって」

2019/05/23 07:12
Well, her parents don't have to worry about her getting bullied in school

2019/05/18 07:11
6歳の娘の悪戯がすぎたので、母親が罰を与えることにした。
土曜日のサンデイ・スクール・ピクニックに行ってはいけない、と。
当日になって、母親は娘がかわいそうになり、ピクニックに行ってもいいわよ、と
言ったが、娘は喜ぶ素振りを見せなかった。
「どうしたの? もっと喜ぶかと思ったのに」

「遅かったの。今日、雨が降るようにお祈りしちゃったんだもの」

2019/05/14 07:11
クリスマスの前に5歳の息子が言いました。
「もうクリスマスの飾り片付けてよ、パパ。クリスマスはもう終わってほしいんだ」
「なぜ?」

「いい子でいるのに疲れちゃったんだ」

2019/05/12 07:11
孫の会話。
スーパーのチラシを見た弟(9)が兄(12)に聞いた。
「大トロって何?」しばらく考えたお兄ちゃんは
「回転ずしで、いつもお母さんが『それとったらアカン』言うとる、アレや」
(徳島県北島町・回転ずしでも高いからね・68歳)

2019/05/11 07:11
去年のクリスマスの朝、全部のプレゼントを開けた5歳の息子は
服や靴下が多かったので明らかにがっかりした様子。
階段をしょんぼりとあがっていくので私が尋ねた。
「どこ行くの?」

「自分の部屋だよ。もらった新しい靴下で遊ぶんだ」

2019/04/29 07:11
私の6歳の娘ははじめて銀行に預金口座を作りました。
窓口のお姉さんが親切に書き方を指導してくれ、娘は自分の名前を書き込み、
以前に預金していたところは? には「ブタの貯金箱」と書き入れていました。
お姉さんが、「何か質問ありますか?」と尋ねると娘は、

「私のクレジット・カードはいつもらえるの?」

2019/04/27 07:11
父親がおみやげをもって家に帰ってきた。
「さあ、だれが一番聞き分けがよかったかな? だれが母さんに
口答えをしなかったかな? だれが母さんの言いつけを守ったかな?」
5人の子どもたちは一斉に答えた。

「父さん!」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる