2022/11/28 07:11
彼が亡くなった後、私は20年近く男性とは会う機会がなかったの、
看守たち以外は。でも後悔なんかしてないよ。

2022/10/13 07:11
言い争いの最中、ある男が妻に言った。
「君はどうしてそんなに愚かで、同時にとても美しいのかわからないよ!」
妻は冷静に答えた。
「説明させて。神が私を美しくしたのは、あなたが私に惹かれるように、
そして私を愚かにしたのは、私があなたに惹かれるようによ!」

2022/10/03 07:11
映画「シンデレラ・リバティ」での男と女の会話、
「好きよ。でも・・・親しくなりすぎてはダメ。だって私は問題を抱えすぎてるもの」
「何があろうと平気だ」
「もう帰って」
「わかった」
「明日会いに来てよ」
「明日は来ないかも」
「じゃあ来た時に会いましょ」
「明日来るよ」
「でも私がいないかも」
「じゃあいるときに来る」
「明日いるわ」


こんなジョークもありました。

「男女の会話」
「あした、昼ごろ君のところに行っていい? もし雨が降ってたら夜に行く」
「もし夜に雨が降ってたら?」
「そしたら、昼に行くよ」

2022/08/04 07:11
ジョーはフィルを連れて、9ホールのゴルフをすることにした。
前を行く二人の女性が非常にゆっくりとしたペースで動いているため、
しばしば足止めを食らった。
ジョーは女性たちに、もう少しスピードアップできないか、と話しに行ったが、
途中で、立ち止まって小走りで戻ってきた。
フィルが「どうしたんだ」と聞くと、ジョーは、
「あの女性の一人は私の妻で、もう一人は私の愛人なんだよ」と言った。
フィルはジョーに首を振ると、女性の方へ歩き出した。
ゴルフのラウンドを終えたい一心だった。しかし、彼も足を止め、戻ってきた。
ジョーは、「どうしたの?」と尋ねた。
「妻と愛人だった」

2022/07/21 07:11
1947年、ミルトン・バールはコメディ界で最も有名な一人だった。
しかし、キャリアが上がるにつれ、結婚生活に失敗し、
妻ジョイス・マシューズとの離婚に至った。
その2年後、バールとマシューズは再婚した。
「なぜ、同じ女性と再婚するのか?」という質問に、
バールは「彼女は最初の妻を思い出させるから」と答えた。

2022/06/16 07:11
男が妻の誕生日に美しいダイヤモンドの指輪を買ってやった。
彼の友人が言った。
「彼女ドラム式の洗濯機を欲しがってたんじゃないのかい?」
「そうだよ」と彼は答えた 「でも、一体どこで偽物の洗濯機を探せばいいんだ?」

2022/04/11 07:11
長く深刻な手術の後、レナは昏睡状態に陥った。
彼女の夫ラルフが彼女に会うために集中治療室に入ったとき、
医者は彼に悪い知らせを与えた。
「意識が戻りません。危険な状態です」
ラルフはレナを見て、やわらかい震える声で、
「でも、ドクター、彼女はとても若い。彼女はたった38歳なんですよ」
と言った。
するとレナからか細い声がした。
「37よ」

2022/04/08 07:11
初めてのデートで、趣味や嫌いなもの、ドライブのテクニック、床屋を選ぶ基準まで、
延々としゃべり続ける彼に、私は聖人のような忍耐力を発揮していた。
やっと彼は言った、
「ボクのことはもういい。こんどは君の話をしよう」
私はほっと胸をなでおろした。
彼は言った、
「君はボクのことをどう思っているの?」

2022/03/29 07:11
「なぜか芳夫さんからプロポーズされないの」
「何らかの形で彼にヒントを与えることはできないの?」
「やっているのよ。彼ったら鈍感なの。夕食の時ちくわやデザートのドーナツを
指に入れたりしているんだけどね」

2022/03/26 07:11
都会に住む少女が休暇で田舎に行き、農家の少年と仲良くなった。
ある晩、二人が牧草地を散歩していると、牛と牛が鼻をこすり合わせていた。
農家の少年は、「ボクもあんなことしたいなあ」と言った。
少女は、
「すればいいじゃん。あなたの牛でしょ」

2022/03/13 07:11
「結婚するってホント?」
「ええ。6月に式を挙げるの」
「それはオメデトウ。ところで恋愛結婚?お見合い結婚?」
「お見合いからつき合いだしたの」
「お相手はイケメンの高学歴、高身長、高収入っていうじゃない?」
「ええ、まあそうだけど。でも彼が私と結婚してくれる理由が
わからないのよ。私って、いいところがひとつもないから。
チビでデブでブスで妊娠しちゃったし・・・。
おまけにヤクザの一人娘なんだもの」

2022/03/05 07:11
裁判長が娼婦に「それで、いつレイプされたことに気づいたの?」
娼婦、涙を拭きながら「小切手が不渡りになったときです」

2022/02/09 07:11
調査によると、男性は平均して1日あたり約10,000語を話し、女性は約40,000語を話します。
研究があなたに伝えていないのは、女性が実際に4倍多く言っているのではなく、
男性が聞いていないので、女性はすべてを何度も繰り返さなければならないということです。

上のジョークはDeepL翻訳で訳したものそのままで、一切、手を加えてないです。
ここまで出来るんですね。
2年前このDeepL翻訳に触れたころに比較してgoogle翻訳がよくなってきましたが、それでも
私の中ではDeepL翻訳>>>みらい翻訳≧google翻訳>bing microsoft translator>エキサイト翻訳かな。

ジョーク原文
Research shows that men, on average, speak about 10,000 words per day,
and women speak about 40,000.
What the research doesn’t tell you is that it’s not that women are actually saying
four times as much, they just have to repeat everything that many times
because men don’t listen.

2021/12/13 07:11
女たちは私の収入を知るまでは私のことを醜いってちょくちょく
言っていた。
私の収入を知った今では彼女たちは貧乏で醜いって言っている。

2021/11/08 07:11
女「私、太って見える?」
男(見える? ってすごく太ってるじゃないか)ボク、バカに見える?」

2021/10/18 07:11
彼女がAさんという女性と温泉旅行中
彼女のツイッター見たら明らかに男のゴツい手が写りこんでいたから
「男と一緒かよ!!」
とラインした
1分もしないのにAさんから手入りの自撮りが
「すいませんね~」
と送られてきた
Aさんて美人なんだよ。
あんなゴツい手をしていたとは知らなかった
今死ぬほど気まずい

http://kamibakusho.com/archives/51744786.html

2021/09/12 07:11
「結婚は宝くじみたいなものだと思いますか?」

「いえ、そうは思いません。宝くじは当たることもありますから」

2021/07/29 07:11
男性がバナナとリンゴと卵を買った。
レジ係が「あなた独身でしょ?」
「ええ?どうしてわかったの?」と男性。
「だって、あなた見目がよくないもの」

2021/07/09 07:11
ある退役陸軍准将と、その息子の近衛隊中尉が、ロンドンでも堅苦しいほうの
将校クラブのかたすみで、アメリカ人と会った。
准将は少し耳が遠いので、息子に、あの方に、「イギリスにに来たのは初めてか」と、
たずねてくれといいつけた。「初めてではないそうです」と、息子が大声で言った。
「大佐は1944年に、第8空軍付きでイギリスに来たそうです」
「じゃどこに駐在したか聞いてくれ」
「リンカーンシャーです、お父さん」「そこのどこか聞いてくれ」
「ネダー・ヒンティングフィールドの近くだったと言っています」
「それはまったく奇縁だ。そこのどこにいたのか聞いてくれ」
「ヒンティングフィールド・グレンジの近くだそうです」
「なんと、なんと本当に! では、レディー・アリシアを知っていたかどうか、聞いてくれ」
これを耳にしたそのアメリカ人は、椅子から、とびあがらんばかりの勢いで立ち上がり、
「レディー・アリシアを知っていたかだって!まったく素晴らしい女だった!そして彼女の
パーティーのすごかったこと!あの女はまったくいかす女だった!」
「そのお方はなんて言われたんだ?」と父親が聞いた。

「お母さんを知っていたそうです」と息子。

2021/05/13 07:11
「どうしよー彼氏と大気圏に突入しちゃったかもー」と嘆く若い女性。
お隣にいるお友だちが指摘しないのでムズムズするんだけど、
たぶんそれ「倦怠期(けんたいき)」の間違いだと思います!

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる