2020/01/21 07:11
医者が、ある男にあと12時間の命だと告げた。男は家に帰り妻に
そのことを告げた。妻は嘆き悲しみ「どうすればいいの?」と言った。
男は言った。「ボクは最初のデートで行った小さなレストランに行き
たい。ドレス・アップして残された時間を楽しみたい」
二人は出かけ、とてもロマンチックな夜をすごし、帰って来て、
メイク・ラブをした。しばらくして男は言った。「すばらしかった!
もういちどメイクラブをしよう」
「あんた、それはいいけど」と妻は言った。

「でも、私は明日の朝、起きなくてはいけないのよ」

2020/01/16 07:11
フランスでは、離婚の訴訟の際に、「甚大な危害」をこうむった
という申し立てが好んで用いられるそうである。
「甚大な危害」の定義は広範で、実にさまざまな事態が含まれうる。
妻の推理小説のタイトルページに犯人の名前を書いたために訴訟を
起こされた男もいるし、また自分がフルートを練習するあいだ、
妻にハエタタキで拍子をとらせていた男も、同様に訴訟に持ち込ま
れているそうだ。

2020/01/02 07:11
4年間の別居ののち私は妻と友好的に離婚した。
私は妻とまたデートしたかったが、どうしたもんかと迷っていた。
新たな彼女も見つからないので地元新聞の交際相手募集欄を見てみた。
いくつかのリストを読んだあと、年齢や趣味を考慮して3人の女性に赤で丸印をつけたが、
相手に電話はしなかった。
二日後、留守番電話に前妻のメッセージが入っていた。
「きょう、ちょっとした道具を借りるためお宅に寄ったのよ。で、新聞の赤い丸印を見たわよ。
でも2番目の女性には電話しないで。私だから・・・」

2019/12/29 07:11
夕方早目にマンションンの我が家に帰った夫は、食堂に食事が二人分用意してあるのを見て、
「思っていたとおりだ!」と大声で叫んだ。そして部屋から部屋へと駆け回って、タンスを開け、
家具をひっくり返して、相手の男を探し回った。最後にバルコニーに走り出て下をのぞくと、
男が一人、ネクタイを締めなおしながらマンションの一階から出て行くではないか。
逆上した夫は、冷蔵庫を引きずってきて、バルコニーの手すり越しに放り投げた。
冷蔵庫はその男の上にまともに落ち、下敷きになった男は死んでしまった。
さて、聖ペテロが天国の門のところで、天国に入りたいという二人の男の面接をした。
どういうわけでここに来ることになったのかという質問に、一人の男が答えた。
「高級マンションの一階にある店から出てきてネクタイを締めなおしていますと、
上から冷蔵庫が落ちてきたんです」気の毒に思った聖ペテロは天国に入ることを許した。
二人目の男が進み出て言った。

「信じていただけないと思いますが、実は私は、その冷蔵庫のなかに入っていたのです」

2019/12/26 07:13
妻「ご近所に新婚さんが越してきたのよ」
夫「ふ~ん」
妻「映画『おくりびと』っていいみたいよ」
夫「あっ、そう」
妻「今日、ケンが算数で80点とってきたわ」
夫「へ~」
妻「シルバーの靴、買っちゃった」
夫「シルバーのはこのあいだ買ったばかりだし、
他にフェラガモもエルメスも含めて全部で23足
も持ってるじゃないか」

2019/12/10 07:11
一週間前、その日は、私の45歳の誕生日だった。
朝食に降りていき、妻の祝福とプレゼントを期待したが、妻は「おはよう」さえ言わなかった。
「でも、こどもたちは誕生日をおぼえていてくれるだろう」と思ったがこどもたちもなにも
言わなかった。オフィスに着くころには、私はすっかり落胆してしまった。
秘書室に入るとジャネットが、「おはようございます。誕生日おめでとう」と言ってくれて
少しは気持ちが明るくなった。
正午頃、ジャネットがドアをノックし
「外はとても気持ちのよい日で、それにあなたの誕生日なのよ。
私と外にランチを食べにいきましょうよ」と言った。
私は「いいね、いこう」と言った。
我々は、いつものところではなく、ちょっと田舎じみたところにランチに行った。
そこで 2 つの飲み物を飲み、そして、ランチは、おいしく、大いに楽しんだ。
帰り道に彼女は言った。「こんな美しい日に、オフィスにもどらなくちゃいけないの?」
「いいや」と私は言った。
彼女は言った。
「よかった、私のアパートはここから近いの。行って、飲みなおしましょうよ」
我々は、彼女のアパートに行き、そしてまた飲み物を飲んだ。
「もしかまわなければ、私、ベッド・ルームにいって、くつろげるようにしてくるわ」
「ああ、いいよ」と私は言った。
彼女は、ベッド・ルームにいって、5分後に大きなバースデー・ケーキをもって部屋から
出てき、その後から妻とこどもたちが「ハッピー・バースデー」を歌いながら出て来た。
そして私はといえば、ソックス以外なにも身につけず、真っ裸で、そこに座っていたのだ。

2019/11/26 07:11
トムは高速道路を運転中、急な割り込みの車とぶつかり
大破した。相手の車もほとんど壊れたが、二人の命は助かった。
相手の車の女性は美女でトムに話し掛けて来た。

「こんな大事故なのに、お互いケガひとつないのは、神のおぼしめしよ」
「君が割り込んできたせいだ」
「でも、これがきっかけで知り合えてよかったわ。つきあってくださらない?乾杯しましょう」

美女の申し出によろこんで、彼女が差し出したウィスキーを何杯も
飲み、ぐでんぐでんになった。
「君は飲まないのかい?」

「ええ、わたし、これから警察に事故の報告をしなくちゃあ」

2019/11/25 07:11
女性ドライバーは危険であると強調したい。
朝、通勤途中の高速道路上で、ふと左方を見ると、なんと女性
ドライバーがバックミラーに顔を近づけてアイライナーをつけ
ながら時速120kmで走っていた。
数秒後、振り返って彼女をみると、なんと、こっちの車線に半
分入り込んで走っていた。
ひどくびっくりさせられて、自分のコーヒーのなかに髭剃りを
落としてしまった。

2019/11/21 07:11
男性「だって、その娘はかなり器量がわるいらしいです」
仲人「その方がいいんです、浮気しないから」
男性「その上ケチっていうじゃあありませんか」
仲人「その方が家計をうまく切り盛りしてくれるから」
男性「人づきあいが悪いとも聞きました」
仲人「つきあいが悪いほうが金も使わなくてすむから」
男性「妊娠してるという話ですよ」
仲人「その方がすぐに子供の扶養手当がもらえるじゃないですか」
男性「それに病弱で・・・」

仲人「もういい加減にしなさい。この世に欠点のない女性がいるとでも思ってるんですか」

2019/11/19 07:11
ハリーは毎晩遅くまでバーで飲み、帰宅するのが常だった。
夜遅く帰宅すると、カギを鍵穴になかなか入れられなくて、
大騒ぎをし家に入った。
家では妻と大ゲンカし、ドタバタの大騒ぎを毎晩繰り返すのだった。
妻は思い余って友人に相談し、友人はやり方を変えたらどうなの、
とアドバイスした。
「帰ってきたら、怒鳴ったりせずに優しくキスでもしてあげたら?」
妻はその方法を実行することに決めた。
次の夜、ハリーがいつものようにベロンベロンに泥酔して帰ってきた。
妻はハリーにキスし、「上のベッドに行かない?」とやさしく言った。
ハリーは、

「そうだな。今、家に帰ったら、妻に殺されるからね」

2019/08/31 07:11
3人の男が死んで天国の門の前で待っていた。
そこに聖ピーターがやってきて言った。
「過去に妻に誠実であったなら、天国ではクルマが支給されます」
1人目の男が言った。「私は浮気もせず妻をとても愛していました」
聖ピーターは彼にロールス・ロイスを与えた。男は感謝した。
「ありがとうございます。このロールス・ロイスで3年前に亡くなった妻を探します」
2人目の男が進み出た。「私は、ちょっとだけ浮気をしましたが、いまでも妻を愛
しています」聖ピーターは男にムスタングを与えた。
3人目の男が言った。「私はかなり浮気をしました」男はスクーターを与えられた。
次の日スクーターをもらった男が走っていると、ロールス・ロイスをもらった男が
泣いているのに出くわした。
「そんなにいいクルマをもらったのになんで泣いているんだい?」
ロールスの男が答えた。

「さっき妻がローラー・スケートにのって走っているのを見たんだ」

2019/07/06 07:11
キミのこと心から好きだよ。
婚約を破棄してからずっと悲しくて寂しかったよ。
ボクのところにまた戻って来てくれないか?
キミじゃなくちゃダメなんだ、ほかの女の子ではダメなんだ。
キミ以外の女の子との結婚なんて考えられないよ。
キミがとても必要だ。
ボクを許してまた一緒にやってみないかい?キミが好きだ。
誠実な友、
ジョン

追伸:おめでとう。宝くじが当たったんだって?

2019/06/16 07:11
男が手術後に麻酔から覚めつつあった。
そして、彼の妻は彼の側のそばに座っていた。
彼は目を開けて言った。
「キミは美しい」
彼はまた眠りに落ちた。
数分後にまた彼は目覚めて言った。
「キミはかわいい!」
「美しい」から「かわいい」に変わったので妻はちょっと失望した。
「どうして美しいからかわいいに変わったの?」

「こわいよ、また変わってるよ。麻酔が徐々に冷めてきてるんだ」

2019/06/13 07:11
買ってきた靴下

1.ビニールの袋から取り出す
2.帯をはずす
3.横に巻いている帯をはずす
4.上の金具をはずす
5.下の金具をはずす
6.両方を縫い付けてある糸をハサミで切る
7.中に薄いシートがはいっていないかを探す
8.どちらか一方にシートが入っているので取り出す
9底のシールをはがす
これでやっと靴下がはけます。
靴下ってなんでこんなに面倒なんだろ。

2019/06/08 07:11
女性が夫とテラスに座りワインを楽しんでいた。女性が言った。
「あなたが好きよ。あなたなしでは生きていけないわ」
夫が「ボクもだよ・・・」と言うか言わないうちに、

「黙っててよ。私、ワインに話しかけてるんだから」

2019/05/16 07:11
男が宝石店のアラーム・システムの調整にやってきた。
店員が男に、
「今日は全品20%引きですよ。ガールフレンドに何かいかがですか。
喜ばれますよ」
「ガールフレンドはいないんだ」
「いない? なぜです?」

「妻が喜ばないんだ」

2019/04/17 07:11
調停で二人が子供の親権について争っていた。
女「子供は私が生んだので親権は私にあります」
しばらく考えていた男が言った。
「裁判長、もし私が自動販売機に100円入れてコーラが
出てきたとき、コーラは販売機のものですか、それとも私のものですか?」

2019/04/09 07:11
若者が彼女のためにクルマのドアを開けてやるのを見たら、
クルマが新しいか、彼女が新しいかのどちらかである。

2019/03/06 07:11
女性間の友情
女性がある晩家に帰らない。
次の日女性は夫に女友達の家に泊まった、と言う。
夫は確かめるために妻の10人の親友に電話をかける。
親友たちは全員、彼女は泊まっていないと答える。

男性間の友情
男性がある晩家に帰らない。
次の日男性は妻に友達の家に泊まった、と言う。
妻は確かめるために夫の10人の親友に電話をかける。
10人中8人は確かに泊まったと答え、残りの2人は現在もここにいる、と答える。

2019/03/01 07:11
男性の場合
1)ATMの横にクルマを止める。
2)窓を下す。
3)ATMカードを挿入して暗証番号を入れる。
4)金を受け取って、ATMカードを抜く。
5)去る。

女性の場合
1) ATMの横にクルマを止める。
2)クルマのドアを開ける(ATMに遠いので)。
3)ハンドバックのなかの112のアイテムのなかからATMカードを探す。
4)バックミラーで口紅、髪を直す。
5)ATMカードを挿入する。
6)カードを抜く。
7)カードを正しい方向に入れなおす。
8)暗証番号を書いた紙を探す。
9)暗証番号を入れる。
10)正しい暗証番号を入れなおす。
11)金をとってバッグに入れる。
12)去る。
13)ATMに戻る。
14)カードを抜く。
15)3キロほど走行する。
16)ハンドブレーキを外す。

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる